コンテンツへ

どのような場合に掛金月額を減額できますか。


掛金月額を減額できるのは、以下の条件のいずれかに該当する場合です。

  • 共済契約者の事業規模が縮小されたとき
  • 事業経営の著しい悪化、病気または怪我、急な費用の支出などにより掛金の払込みの継続が著しく困難であるとき
  • 共済金の貸付残高と掛金総額の10倍に相当する額との合計額が8,000万円に達しているとき