コンテンツへ

「名簿方式による掛金収納」の新規取扱いの廃止について

制度改正にて申込金が廃止されることに伴い、従来の「名簿方式による掛金収納」の新規取扱いは廃止され、制度改正後に加入される共済契約者は、すべて預金口座振替により掛金を納付していただくことになります。(施行規則第36条)
したがって、平成23年10月1日以降の新規加入のお取扱いの際には、事務手続きに間違いのないようご注意いただきますようお願いいたします。

なお、制度改正前に加入され、現在「名簿方式による掛金収納」を行っている共済契約者につきましては、制度改正後も引き続き名簿方式による納付を継続することができます。(施行規則附則第3条)