コンテンツへ


加入手続きの流れ

中小企業倒産防止共済 加入手続きの流れ(委託団体から申込みの場合)

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.委託団体の窓口に提出 4.中小機構へ送付 5.締結証書のお受取り お客さま委託団体お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

委託団体で加入を申し込む場合は、以下の書類などが必要です。
なお、事業活動の確認のために、ほかの資料が必要になる場合があります。

1. 中小機構の書類

  • 契約申込書(様式 中 101)
  • 掛金預金口座振替申出書(様式 中 104) (※1)
  • 重要事項確認書 兼 反社会的勢力の排除に関する同意書(※2)

2. 提示書類

a. 法人企業(会社、組合)の場合
  • 登記事項証明書(商業登記簿謄本) (※3)
  • 法人税の確定申告書(直近の決算書等の添付書類を含む) (※4)
  • 法人税を納付したことを証する「納税証明書(その1)」(※5)
b. 個人事業主の場合
  • 所得税の確定申告書(直近の決算書・収支内訳書等の添付書類を含む) (※4)
  • 所得税を納付したことを証する「納税証明書(その1)」(※6)
  • 所得税の確定申告書を作成するときに使用した帳簿等(白色申告書の場合)

必要に応じ委託団体で写しをとり、申込書の添付書類とさせていただきます。

※1
契約申込書を見開いた右側に添付されています。事前に口座振替の設定をしてもらう必要がありますので、金融機関に提出し確認印をもらってください。
※2
契約申込書(表紙部分)に添付されています。
※3
法務局発行の日から3ヶ月以内の原本が必要になります。
※4
確定申告書は所轄税務署の受付印があるものを提出してください。
※5
確定申告書に記載された中間、確定の税額を納付したことを証する領収書で代えることもできます。
※6
確定申告書に記載された予定、確定の税額を納付したことを証する領収書で代えることもできます。

なお、申込書は以下の方法で受け取れます。

このページのトップへ

書類へ記入

お客さま

申込書の必要事項を記入してください。

加入時に掛金の前納を希望する場合、以下の方法があります。

  • 初回口座振替時(原則申込みから2ヶ月後)に加算する。
申込書などに不備があり契約締結までに時間を要すると、初回の口座振替が遅れる場合があります。
  • 加入申込月に直接中小機構の口座に振り込む。
委託団体の窓口に書類を持参した際に加入時の前納専用の口座番号をお知らせします。

このページのトップへ

委託団体の窓口に提出

お客さま

  1. 委託団体に以下の書類などを持参して、審査を受けてください。
    • 契約申込書
    • 金融機関の確認を受けた『掛金預金口座振替申出書』
    • 重要事項確認書 兼 反社会的勢力の排除に関する同意書
    • 提示書類
    • 実印
  2. 委託団体で審査を行います。なお、加入申込時に、『重要事項確認書 兼 反社会的勢力の排除に関する同意書』をもとに委託団体が重要事項、および反社会的勢力の排除に関する取扱いについて説明します。内容を確認のうえ、同意された場合は、お客さまご自身で記名・押印(実印が必要です。)をしていただきます。

このページのトップへ

中小機構へ送付

委託団体

必要書類は、委託団体が中小機構へ送付します(直接、送付しないでください。)。

このページのトップへ

中小機構の審査期間

中小機構

2ヶ月程度

補足事項
申込内容の確認のために連絡をすることがあります。

このページのトップへ

締結証書のお受取り

お客さま

手続き完了後、『共済契約締結証書』と『加入者必携』を送付します。
『共済契約締結証書』は貸付金受取りや解約手続きなどに必要となりますので、大切に保管してください。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

  • 共済契約の申込みを中小機構が承諾すると、申し込んだ日にさかのぼって共済契約が成立します。
  • 加入手続きを行った委託団体が登録取扱機関となります。
  • 申込書は審査結果にかかわらず返却しません。

このページのトップへ