共済金貸付請求ナビ 共済金の貸付けは利用できません。 被害額の対象となるのは、売掛金債権および前渡金返還請求権です。一般消費者に対する債権、商品または役務の取引に該当しない貸付金債権、融通手形に基づく債権、不動産の賃貸借に基づく債権などは、被害額には含まれないため、共済金の貸付けは利用できません。 参考 臨時に事業資金が必要な場合は、一時貸付金の貸付けが利用できます。 一時貸付金について(新規ウィンドウで表示) ナビトップに戻る 前画面に戻る