コンテンツへ

法人(会社など)が解散した


共済契約者である法人(会社など)が解散した場合は、その時点で共済契約が解約されたとみなされます(みなし解約)。
この場合は、解約手当金の請求手続きが必要となります。

手続きのご案内

手続きの詳細は、以下のページをご覧ください。

注意事項

掛金納付月数が12ヶ月未満の場合は掛け捨てとなります。
また、36ヶ月未満でみなし解約となった場合は、解約手当金の額が掛金払込額を下回ります。

関連する「よくあるご質問」