コンテンツへ


手続きの流れ

事業所の名称変更の手続きの流れ(法人で共済金の借入れがある場合)

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.登録取扱機関の窓口に提出 4.中小機構へ送付 5.中小機構からの書類送付 お客さま委託機関お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

共済金の借入れがある法人が事業所の名称変更の届出をする場合、以下の書類が必要になります。

1. 中小機構の書類

  • 契約変更届出書(様式 中 113)
  • 償還金預金口座振替払に関する申出書(変更用) (様式 中 362)
  • 掛金預金口座振替申出書(変更用) (様式 中 105)

2. 添付書類

  • 共済契約締結証書(※1)
  • 履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本) (※2)
※1
紛失の場合は、締結証書の再発行依頼と印鑑証明書(発行後3ヶ月以内の原本)を代わりに提出してください。
※2
事業所の名称変更の前後の経緯が分かる発行後3ヶ月以内の原本が必要です。

なお、届出書などは以下の方法で受け取れます。

このページのトップへ

書類へ記入

このページのトップへ

登録取扱機関の窓口に提出

お客さま

登録取扱機関(金融機関または委託団体)の窓口に届出書などを提出し、確認印を押してもらってください。

このページのトップへ

中小機構へ送付

委託機関

書類は確認後に、登録取扱機関(金融機関または委託団体)が中小機構へ送付します。

このページのトップへ

中小機構での手続き

中小機構

書類が届き次第、中小機構で手続きを行います。

補足事項
届出内容の確認のために連絡をすることがあります。

このページのトップへ

中小機構からの書類送付

お客さま

手続き完了後、新たな『共済契約締結証書』を送付します。
『共済契約締結証書』は貸付金受取りや解約手続きなどに必要となりますので、大切に保管してください。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

  • 電話で直接、事業所の名称などを変更することはできません。

このページのトップへ