コンテンツへ

手続きの流れ

掛金の払込み再開の手続きの流れ

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.登録取扱機関の窓口に提出 4.中小機構へ送付 5.中小機構からの書類送付 お客さま委託機関お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

「掛金の掛止め」をしている方が掛金の払込みを再開する場合、以下の書類が必要になります。

中小機構の書類

  • 掛金納付再開始届出書(様式 中 213)

なお、届出書は以下の方法で受け取れます。

このページのトップへ

書類へ記入

お客さま

届出書の必要事項を記入してください。

このページのトップへ

登録取扱機関の窓口に提出

お客さま

登録取扱機関(金融機関または委託団体)の窓口に届出書を提出し、確認印を押してもらってください。

このページのトップへ

中小機構へ送付

委託機関

書類は確認後に、登録取扱機関(金融機関または委託団体)が中小機構へ送付します。

このページのトップへ

中小機構での手続き

中小機構

書類が届き次第、中小機構で手続きを行います。

補足事項
届出内容の確認のために連絡をすることがあります。

このページのトップへ

中小機構からの書類送付

中小機構

手続き完了後、『掛金請求再開のお知らせ』を送付します。
なお、各月の5日(土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日)までに中小機構に書類が届けば、その月の27日(土曜・日曜・祝日の場合は翌営業日)に、指定預金口座から引き落としを再開します。
ただし、6日以降に中小機構に書類が届いた場合は、その月の翌月から再開となります。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

  • 掛金の請求再開始月については「掛金の払込みを止めていますが、払込みを再開したい。」を参照してください。
  • 1年以上掛止めをしていた場合は、金融機関の口座振替の設定が解除されている場合があります。その場合は、改めて『掛金預金口座振替申出書(変更用)』(様式 中 105)を提出していただく必要があります。
  • 住所、事業所名称などが変わった場合は、併せて『契約変更届出書』(様式 中 113)を提出し、契約変更手続きを行ってください。

このページのトップへ