ホーム > 中小機構のお手続き > 中小機構用地をご検討中のお客様 > 税制上の優遇措置

税制上の優遇措置

国税による税制上の優遇措置だけでなく、地方税に関しても自治体による各種政策に基づいた優遇措置が設けられています。

項目 概要
特定資産の買換の特例 工場等の移転にあたって、譲渡資産と買換資産の組合せによって買換が認められると、課税で圧縮記帳が認められます。原則として、1年以内に買換をする必要があります。
減価償却資産の特別償却 特定地域で工業用機械等を新増設する場合、特別償却が行われます。また、特定設備の新増設にも適用されます。
法人税額の特別控除 特定地域で工業用機械等を新増設する場合、法人税額の特別控除が行われます。また、特定設備の新増設にも適用されます。
事業税、不動産取得税及び固定資産税の減免等 特定地域の土地取得・操業の場合、左記に係る税が軽減されます。また、一定の公害防止施設について、固定資産税が軽減されます。


注:圧縮記帳
圧縮記帳とは、圧縮限度額の範囲内で、買換資産についてその帳簿価格を損金経理により減額し、又は引当金勘定(積立金を含む)に繰入れた場合に、その減額又は繰入額をその事業年度の所得金額の計算上、損金として算入できるというものです。


○税制上の優遇措置によるコスト削減の具体例

前提条件  
用地取得面積:10,000m2(約3,000坪)  
工場面積:3,300m2(約1,000坪)  
機械設備額:1億円  


A団地 他の工業団地
(優遇措置なし)
固定資産税(土地) 6,700m2×5,000 円(仮定評価額)×1.4%×3年=141万円
(製造の用に供する部分以外のみ課税)
10,000m2×5,000円(仮定評価額)×1.4%×3年=210万円
固定資産税(建物) 課税免除(3年間) 1,000坪×23万円/坪(仮定評価額)×1.4%×3年=966万円
固定資産税(機械設備) 課税免除(3年間) 1億円×1.4%×3年=420万円
不動産取得税(土地) 6,700m2×5,000円(仮定評価額)×3%=100万円
(製造の用に供する部分以外のみ課税)
10,000m2×5,000 円(仮定評価額)×3%=150万円
不動産取得税(建物) 課税免除 1,000坪×23万円/坪(仮定評価額)×3%=690万円
事業税 課税免除(3年間) 課税
合計 241万円 2,436万円+事業税


ホーム企業立地のご相談地区別の用地情報中小機構の産業用地
中小機構のお手続き資料請求お問い合わせお知らせサイトマップ