ホーム > 中小機構のお手続き > 中小機構用地をご検討中のお客様 > 補助金の活用

補助金の活用

工場や施設の立地にあたり、国や県そして市町村では地域要件や対象業種などの条件はありますが、立地を促進するために様々な補助制度を設けています。立地しようと考えている場所が、補助金を受けられる地域要件を満たしているかどうかなどは、設備投資を考える上での重要な検討項目といえます。(補助金制度の詳細及び手続きにつきましては、団地の所在する道府県等にお問い合わせ下さい。)

1.国の補助金制度

補助金制度 概要
原子力発電施設等周辺地域企業立地支援給付金 電源地域のうち、原子力発電施設等の周辺地域に立地した企業が支払った電気料金に対して給付金を交付する制度です。
地域雇用開発助成金制度(雇用開発奨励金) 求職者総数に比べ著しく雇用機会が不足している雇用開発促進地域、及び若年層、壮年層の流出の著しい地域及び離島地域である過疎等雇用改善地域に立地し、地域に居住する求職者を雇用する事業主等が対象です。


2.道府県による補助金制度

道府県や市町村においても、立地企業に対する補助金制度を設けています。これらを活用することにより、企業の初期投資を大きく軽減することに役立ちます。

項目 対象事業 対象経費
企業立地に対する補助金 企業の立地及び増設 ・対象額に対して補助率を設定する方法(5〜20%)
・課税相当額を交付する方法
生産環境整備に対する補助金 生産に直接関わらない環境施設の整備 ・事業費に対して補助率を設定する方法
生産活動に対する補助金 雇用奨励金として実施されるケースが多い。 ・対象者数に対して補助金額を設定する方法(30〜50万円/人)
地域社会との融和に対する補助金 地域に解放される施設や環境施設の整備 ・対象額に対して補助率を設定する方法
情報通信コストに対する補助金 専用通信回線を利用したコールセンター等の開設 ・専用通信回線使用料に対し補助率を設定する方法等
電力使用料に対する補助金 新増設を行なう企業 ・契約電力に算定単価を設定する方法


ホーム企業立地のご相談地区別の用地情報中小機構の産業用地
中小機構のお手続き資料請求お問い合わせお知らせサイトマップ