ホーム > お知らせ > ニュース > 2006年4月10日 17年度販売等実績、170ha突破!全国で9団地が完売!

17年度販売等実績、170ha突破!全国で9団地が完売!

○販売等実績について
平成17年度産業用地販売等実績は、170.2ha(前年度比73%増)となり、好調であった昨年度の実績(98.1ha)を上回り、過去13年間で最高の水準となるとともに、全国で9団地が完売となった。
※バブル期(S63〜H3)を除き、事業開始(S37)以降、第4位の実績。
※完売団地は、宮田団地、白鳥団地、漆生団地、中泉B団地(以上、福岡県)、美祢テクノパーク(山口県)、豊岡中核工業団地(兵庫県)、若狭テクノバレー(福井県)、富山イノベーションパーク(富山県)、芦別団地(北海道)の9団地。

 

○地域、業種別実績について
地域的には、九州(56.4ha)、中国(30.9ha)、東北(30.3ha)が、好調であった。業種別には、製造業(71.6ha)、運輸業(32.6ha)、卸売・小売業(23.1ha)などが立地している。

 

○販売等の特徴
福岡県を中心とした北部九州地域における自動車産業集積により、宮田団地、中泉B団地が完売となるとともに、同地域の経済活性化に伴い流通業の立地が促進され、白鳥団地、漆生団地が完売となった。

東北地域の相馬中核工業団地に立地した太陽光発電用シリコンウェハ製造工場、九州地域の大牟田テクノパークに立地した物流拠点など、10ha超の大面積販売が4件となっている。また、地域の矯正施設誘致プロジェクトとの連携(美祢テクノパーク)や地元自治体との協力(福岡県田川市による3年間無償リース制度の導入等)による企業誘致が成功した他、新技術(蓄光素材:オフィスパーク大村)、新ビジネス(インターネット活用玩具販売:海南インテリジェントパーク)を展開する企業を含め幅広い業種の企業の立地が見られた。

 

17年度販売等実績についての詳細は、下記をご覧下さい。

産業用地販売等状況(PDFファイルPDFファイル



ホーム企業立地のご相談地区別の用地情報中小機構の産業用地
中小機構のお手続き資料請求お問い合わせお知らせサイトマップ