ホーム > 事例紹介 > 渡辺工業株式会社(小矢部フロンティアパーク)

渡辺工業株式会社(小矢部フロンティアパーク)

新たな拠点展開による新規顧客獲得と経営基盤の強化

 1962年に名古屋市内で創業され、機械や建材、筐体などの板金製造事業を手がける渡辺工業株式会社(以降、渡辺工業(株))。創業当初は物干し竿を掛ける金具加工及び施工を手がける小さな企業だったが、本社を現在の場所に移して以降は、次第に板金加工に特化した業務内容に移行。50周年を迎えた現在では、板金のエキスパートとして評価され、こだわりの品質と高い提案力によって多くの製造業者を取引先に抱える企業である。

成長と業務拡大の中で抱えていた経営上の問題点

 現在、渡辺工業(株)における主力製品は機械装置部品とそれに関わる板金加工であり、強いこだわりを持つ。渡辺工業(株)代表取締役社長の渡辺宗一郎氏は、そのこだわりの経緯を次のように話す。
「創業から数年は、加工機器も今のような質の高いものではなく、それこそガスとハンマーを使い叩いて曲げるといった、ほぼ手作りのようなところからのスタートでした。ただ、時代の流れに伴って、お客様に求められる品質に応えるための設備が必要になり、次第に工場内での加工業務がメインとなっていきました。ちょうど移行期となった時期は、機械さえ持っていれば仕事が次々に舞い込むような状況もありましたので、売上から設備投資へという流れが自然に出来上がり規模を拡大させ、業務内容も板金加工へ特化したものになっていったところがあります。」
新たな設備を増やしては、それを使って新たな製品を作り出す。これを繰り返しながら、板金の技術とノウハウを積み重ねていった。それが板金分野におけるエキスパートとしての評価につながり結果、受注は増えていった。ただ、取引先に偏りがあったため、いくつかの問題が生まれたと渡辺氏は話す。
「まず、業界内での特需があると当社だけで受注に対応できなくなる問題がありました。一方で、業界が落ち込んだ時には仕事が極端に少なくなる。これは経営上の大きな問題で、主力以外の第二、第三の柱を作り上げていくことが第一の経営命題となりました。」

渡辺宗一郎代表取締役社長(左)。/第二工場の外観(右)。
渡辺宗一郎代表取締役社長(左)。/第二工場の外観(右)。

経営課題の改善に向けた、第二工場の開設

 バブルとその崩壊、近年のリーマンショックなどは、その都度、日本の製造業に大きな影響を与えてきた。それは板金業界においても同様であり、渡辺工業(株)では、第二、第三の柱となる事業の目処が立ちそうになった頃、それが押し寄せることとなった。
「受注先を分散することで経営リスクを低減しようと試みてきましたが、一方で現場は大きく変化する受注数の増減に対応しなければなりませんでした。このような状況が続くことは従業員への負担も少なくなく改善は急務でしたが、それは言葉で言うほど簡単ではありませんでした」と渡辺氏は話す。この状況を変えるために行われたのが、経営規模の拡大に向けた新拠点の開設であった。渡辺氏はそれを「思い切った決断だった」と話す。
2010年、受注増に対応する経営基盤の強化に加え、営業エリアの拡大及び新たな事業の柱を育てるべく、第二工場が小矢部フロンティアパークに開設された。検討段階では本社周辺エリアだけでなく日本全国が選定の対象になったが、最終的には小矢部フロンティアパークが選ばれた。渡辺氏は、その要因を次のように話す。
「まずは、管理面や業務共有の点を考え、本社周辺で検討を始めたのですが、地価や維持コストの点で厳しいものがありました。コスト的に考えると北海道や九州も魅力でしたが、リスク管理の点で距離的なデメリットが大きかった。そこで行き着いたのが小矢部でした。」
インターネットで小矢部フロンティアパークのことを知った後、その二週間後には現地見学を行った。
「価格は名古屋周辺と比べて1/20。高速道路にも近く、本社へのアクセスも3時間程と望んでいたものが揃っていました。ただ、この場所で第二、第三の柱ができるのか。それを確かめるべく、見学の際に現地企業へ飛び込み営業を行い、その結果1社はすぐに口座開設にまで至り、取引を開始することになりました」と渡辺氏は話す。
取引先を確保し、取引先拡大への手応えも充分。加えて同業他社に依頼している業務を新拠点で行うことで、今後の目処も立った。こうして、第二工場は小矢部フロンティアパークに開設されることが正式に決定された。

工場内の様子。
工場内の様子。

今後の経営戦略において、期待される第二工場の役割

 第二工場の開設は、営業エリアと製造基盤の拡大に大きく寄与することになった。特に景気の冷え込みによって、コスト意識のさらなる高まりや早まる納期など、顧客の要求に対応する上で、欠かすことのできない拠点となっている。
「第二工場があることで対応の幅が広がりました。しかし、板金加工におけるノウハウなど技術的な面では本社工場との差が大きかったことから、問題もありました」と渡辺氏は話す。業務の振り分けには技術面における配慮が必要で、輸送コストなどの問題もあった。そのため、第二工場の育成強化は一つの課題となったが、現在は技術力の平準化も進んでいる。
 今後の展開として、コストの圧縮や北陸エリアにおける営業力の向上、人材育成を強化することで、より質の高いサービスを提供していきたいと渡辺氏は話す。
「企業の製造拠点が国外に移行していく時代のなか、やはり日本でしかできないことがあると考えています。ただ、同じように考える国内企業も多いですから、我々はこういった国内外の製造業との競争に勝っていかなければなりません。そのために品質、コスト、納期などが重要視されるのはもちろんのこと、モノづくりに携わる者としてのプライドが大切になってきます。」
 自らが作った製品に自信を持ち、顧客に満足を提供し達成感を得る。そんな、日本のモノづくり職人としてのプライドを大切にする渡辺工業(株)は、今後も、板金加工のエキスパート企業として、さらなる顧客満足を追求していく。(2012年10月取材)

選び抜かれたこだわりの設備(左)。/作業の様子(右)。
選び抜かれたこだわりの設備(左)。/作業の様子(右)。

▼団地の詳細情報
小矢部フロンティアパーク

 

▲ひとつ上の階層へ