ホーム > 事例紹介 > 株式会社菱食 盛岡西物流センター(盛岡西リサーチパーク)

株式会社菱食 盛岡西物流センター(盛岡西リサーチパーク)

最新のシステムを駆使して効率化をめざす北東北の流通基地

食品卸売業の大手、(株)菱食の北東北エリアの物流拠点として盛岡西リサーチパークに盛岡西物流センターが平成16年に進出。“21世紀の新しい流通基地”をコンセプトに掲げて整備されたセンターは、最先端の設備・機器と情報システムによる効率的な倉庫内オペレーションを実現している。

4カ所の流通センターを集約して

(株)菱食(本社 東京都大田区)は1979年、三菱商事系の食品卸売業4社が合併して設立。メーカーから受け入れた加工食品、菓子、酒類、低温商品などを24時間体制で全国のスーパー、コンビニなど小売業者にデリバリーする。その岩手、秋田、青森の北東北3県向けの物量拠点として、平成16年に盛岡西リサーチパークに整備されたのが、盛岡西物流センターである。
「以前は岩手、秋田、青森(主に八戸市)向けの加工食品や菓子類の物流業務は盛岡市内の2カ所と秋田県、八戸市を加えた4カ所の流通センターに分散して運営されていましたが、それぞれ手狭で老朽化したこともあり、そのままでは効率が悪いので統廃合して最適な拠点再配置を行い、物流サービスのレベルアップを図る必要が出てきたのです。」
新物流センター整備の経緯を語るのは藤井敏樹センター長。
物流センター統合に伴う新拠点の選定にあたっては、3県向けの輸送の効率性と取得価格等が検討され、盛岡市内に設けることがもっともメリットが大きいと判断された。また、同グループにとって盛岡市内の取り扱い企業の多さも考慮され、当地への立地が実現したのである。
盛岡西リサーチパークは盛岡市の西、約10kmの滝沢村にある。盛岡市のベッドタウンであり、村とはいえ人口約5万3千人。人口日本一の村である。
盛岡市、八幡平市など周辺の2市5町1村の通勤圏内の人口は約49万人。滝沢村内には岩手県立大学、盛岡大学、盛岡大学附属短大などが立地し、盛岡市の岩手大学なども含めると通勤圏内に大学・短大6校、高校25校がある。さらには岩手県工業技術センター、岩手県立産業デザインセンター、東北農業試験場などの研究、支援施設もある。

盛岡西物流センター全景。右は藤井敏樹センター長。
盛岡西物流センター全景。右は藤井敏樹センター長。

最先端の情報システムによるオペレーション

「当社では鉄道はあまり利用せず、すべてが陸送なので東北自動車道盛岡I.Cや国道46号線に近いという交通アクセスのよさが決め手になりました。特に秋田方面向けなどは国道を使えば高速道路を利用するよりも早く着けます。」
ただ、アクセス条件に恵まれているとはいえ、1カ所で3県をカバーするのは厳しい面もあると藤井センター長。特に心配されるのは冬場の雪の影響だ。
「北東北3県をカバーする当センターにとっては、地域的に冬の降雪は不可避なので雪の影響は織り込み済みですが、高速道路がストップしたりすると配送に支障が出ますので、この点については注意深く、神経を払っています。」
敷地面積14,000平方メートルに約4,700平方メートルの倉庫棟を中心に建物が並ぶ。ここから毎日約300社のメーカーの加工食品・菓子類が北東北のスーパー、コンビ二など50数社、1,000店舗に向けて配送される。
倉庫内にはケース自動倉庫6基、パレット自動倉庫2基、ケース搬送コンベア、入庫検品システムなど最先端の物流設備、機器が導入され、最新の情報システムを駆使して効率的な庫内オペレーションを行っている。
このため徹底した省力化、単品ごとの賞味期限完全管理、加工食品・菓子の幅広い品揃え、複数カテゴリーを同一車両で配送することが可能となり、配送費のみならず、環境面でも大きな成果を出している。

最新鋭のシステムによる庫内のオペレーション。
最新鋭のシステムによる庫内のオペレーション。

集約化の効果をさらに発揮するために

「4センターを集約化し、高度化を進めたのですが、まだ十分に成果を発揮しているとはいえません。たとえば、商品をなるべくまとめて配送するというのが流通業者から見て理想的なのですが、同じユーザーでも加工食品と菓子では配送の曜日や時間帯が違うため、まだまだ理想どおりにはいかない状況があります。」
ユーザーの理解と協力を得ながら共同配送を増やしていきたいと藤井センター長。
「また、取扱高を伸ばすために得意先を増やすのはもちろんですが、一方で少量の商品を毎日毎日、遠方まで運ぶのでは効率が低下してくるという面もあります。営業部門と連携し、得意先の集約化によって中味を濃くすることも重要だと思います。」
現在社員5名、委託会社の責任者、パート48名で運営されている。
「大型スーパーが求人募集をかけてもそちらに流れることなく、定着率はたいへんいいです。つながりを大切にしてくれる地元の人たちには感謝しています。」(2007年1月取材)

自動化された倉庫内部。
自動化された倉庫内部。

▼団地の詳細情報
盛岡西リサーチパーク

 

▲ひとつ上の階層へ