ホーム > 事例紹介 > 株式会社木谷商店(松任フロンティアパーク)

株式会社木谷商店(松任フロンティアパーク)

地元企業のよきパートナーをめざすコミュニケーションカンパニー

染料の卸売業の老舗として地域の繊維産業を支えてきた(株)木谷商店。ユーザーのニーズに応える商品情報の提供とフットワークのよさで信頼を得ている。コミュニケーションカンパニーを標榜し、積極的な提案営業を展開。2004年に白山市の松任フロンティアパークに新築移転した。

北陸の繊維王国を支えて120年

同社の創業は1886年、明治19年というから大日本帝国憲法の公布や内閣制度が制定された頃に遡る。株式会社木谷商店の設立は1949年、昭和24年である。創業120年に及ぶ老舗は、繊維産業が盛んな北陸にあって地元に密着した染料の卸売会社として知らぬものはない。
「ここ石川県は繊維王国と呼ばれるほど、繊維関連の産業が隆盛を極めていました。加賀友禅など伝統工芸も受け継いでいます。規模の大小にかかわらず、そこで使われる染料を長年にわたって当社で供給してきました。」
木綿から合繊へと素材等の変化はあったが、地元における高いシェアを維持し続け、業績も順調に推移してきたと語るのは井波靖補取締役総務部長。
「しかし、中国、ベトナム、タイ、マレーシアといった人件費の安いアジアの発展途上国の追い上げによって、繊維産業自体が徐々に衰退していきます。最初は縫製、それから生地、糸という順に減少していき、今では体力のあるところ、途上国には真似のできない商品開発をするところしか残れなくなりました。」
バブル崩壊の頃には本格的に低迷期に突入してしまったという。かつては売上げの99%が染料関連であった同社も現在では約6割、残りは食品関係や機械、合成樹脂メーカーなどへの化学工業薬品が占めるようになった。扱い品目が増え、ユーザーの業種も多岐にわたるようになったが、長年培ったノウハウと築きあげた信用をもとに、時代のニーズに沿った体制への転換をすすめている。

社屋外観と木谷企画開発部長。
社屋外観と木谷企画開発部長。

試験室とフレキシブルな流通体制を武器に

同社はデータ分析のための試験室(ラボ)を備え、専従のスタッフをおいている。ラボを持つ商社は珍しいという。
「染料の流通はちょっと特殊で、メーカーがつくったものをそのままユーザーに持っていくわけにはいきません。必ず、ロットごとにそれが要求どおりのものかチェックします。メーカーの品質管理が信用できないわけではなく、染料はデリケートなもので同じ製品でも色合いに微妙な違いが出てきます。普通は気がつかないくらいの違いですが、ユーザーにとっては大問題になるのです。」
クレームがないように厳重にチェックするだけでなく、ユーザーへの商品情報の提供や提案のためのデータ収集・分析の目的もあると木谷孝俊取締役企画開発部長。ラボが、新たな攻めのセクションとしても機能している。
同社は金沢を中心とした県内を営業エリアとしてきた。エリアを広げていくのでなく地元においてきめ細かい営業展開を図り、よりスムーズな商品供給を可能にする流通体制の確立に力を注いできたと木谷部長。
「例え土曜・日曜であろうと、“今日必要だからすぐに持ってきてくれ”という注文にこたえられること。商品がありませんなどといわずにすむよう十分に在庫を確保しておくこと。これが地元に密着した企業である当社にユーザーから期待されていることであり、信頼のもとになっています。大手にはないフットワークは創業以来変わっていません。」

データ分析のためのラボを備えている。左は井波総務部長。
データ分析のためのラボを備えている。左は井波総務部長。

新拠点をベースに地元産業に貢献

金沢市内から郊外に移り、さらにそこから松任フロンティアパークに営業本部・流通センターが新築移転したのは2004年。敷地約1400坪に営業本部と倉庫等、約360坪が建つ。
「市内から一度郊外に移ったのですが、まわりが商業地になってしまいました。薬品を扱っていますし、トラックの出入りもあります。それでどこかへ移転をということでさがしていたところ、こちらが見つかりました。卸売業だけなら進出条件にあてはまらなかったのですが、ラボを持っていることでOKとなりました。ここなら周囲を気にすることもありませんし、広さも十分です。」
インターチェンジにも近く、配送等も便利になったと井波部長。
「繊維産業は全体的に落ち込んだとはいえ、新技術による付加価値の高い製品の登場によって明るい兆しも出てきました。それによって染色加工の分野も徐々に活気づいていくでしょう。染料と共に歩み、高い専門性を持つ当社の果たす役割は大きいと思います。」
なによりも地元産業の活性化が鍵となると木谷部長。よきパートナーとしてユーザーを支援していくことが一層求められるという。今後も「木谷商店」の社名のイメージとは異なる先進性を発揮してくれそうだ。(2007年3月取材)

商品のスムーズな供給体制確保に力を注いでいる。
商品のスムーズな供給体制確保に力を注いでいる。

▼団地の詳細情報
松任フロンティアパーク

 

▲ひとつ上の階層へ