ホーム > 事例紹介 > プロビジョンギター(宇部臨空頭脳パーク)

プロビジョンギター(宇部臨空頭脳パーク)

確かな技術でオンリーワンを提供するギター工房

2005年に宇部市の宇部臨空頭脳パークに進出したプロビジョンギター。全国から注文が寄せられるオーダーメイドのギター工房である。お客のこだわりに応え、100%満足してもらうために十分時間をかけ、綿密なうちあわせを繰り返す。技術の高さへの信頼もあってリピーターも多い。

ショップからギター製作へ転身

「学校を卒業してすぐにギターショップを始めました。会社勤めをするつもりはなく、地元で何か商売をしよう。それならば大好きなギターの店をと。我ながらチャレンジ精神旺盛だったと思いますね。」
宮久和之代表が宇部市内にギターの店を開いたのは1988年。その5年後にギター工房、現在のプロビジョンギターを立ち上げる。
「店をやっているときに修理を頼まれたのですが、それが評判になって注文がくるようになったのです。地方にはまだリペアショップというものがなかったので、一つこれでいこうと決め、ギターの在庫を減らし、修理用の機械を揃えていきました。そして販売からは撤退し、工房だけでやっていくことにしました。修理だけでなく、オーダーメイドにも対応できるようにギター製作ができるスタッフを入れ、2人ではじめたのです。」
当初は楽器店など業者の下請け的な仕事が中心であったが、2000年にホームページを立ち上げてから一般客からのオーダーが急増する。30万円近くになるオーダーメイドにこだわることのできる世代ということで顧客の平均年齢は30代から40代と高く、長年の夢を実現したい、想い出のギターを修理してまた弾いてみたいといった“団塊の世代”からの要望も少なくなかった。

ギター工房らしいウッディーなつくり。右は宮久代表。
ギター工房らしいウッディーなつくり。右は宮久代表。

ホームページの開設で全国から依頼が

「ホームページの威力はたいへんなものでした。全国に向けて情報発信ができるわけで、それまでの狭いエリアの商売とは比べものになりません。しかし、お客様に対する我々のスタンスにはずっと変わりはありません。お客様の要望をしっかり聞き、一つひとつ確かめながら作業をすすめます。時間も手間もかかりますが、満足してもらえるものをつくるために妥協はしません。」
遠方のお客様の場合、工房に来てもらい感触を確かめてもらったり、実際に弾いてもらうことができない。その分余計にコミュニケーションを密にすることが必要であり、お客様の不安材料をいかになくすかが100%の満足につながると宮久代表。
「自分がユーザーだったらどう思うだろうかと、常に逆の立場から発想し、対応しているつもりです。伝え方、説明のしかたをいろいろと工夫し、メールなどで何度でもやりとりして納得してもらう。それと、できないことははっきりできないということ、これは結構大切なことです。」
リピーターも多く、取り扱ってくれる楽器店にもファンが多い。

ホームページをこまめにメンテナンスして常に新鮮な情報を発信している。
ホームページをこまめにメンテナンスして常に新鮮な情報を発信している。

若い人たちが気軽に訪れる工房に

市内の工房が手狭になり、宇部臨空頭脳パークに進出したのは2005年の6月。730平方メートルの敷地に立つ木造の工房は事務所と作業所で構成される。
「市役所で紹介してくれたのですが、こちらに決めたのは小区画の分譲が可能だったこと、インフラがしっかりしていたこと、それと担当の方が親身になって相談にのってくれたからです。場所としては何の不満もありませんが、中高生のような若い人たちに気軽に立ち寄ってもらうにはアクセス上少々不便かもしれません。ですから、ここに我々と同じような工房がいくつも集まり、“ものづくり村”でも形成されれば観光スポットになり、人が集まりやすくなるのではないでしょうか。」
価格のこともあって若い人たちには敷居が高いと思われがちだが、気軽にギターの製作現場をのぞきにきてほしいという。
現在、宮久代表含む3名が製作、1名が販売及びウェブを担当。オーダーメイドギターの製作、修理、並びにパーツ販売が経営の三本柱になっている。
「今後を考えた場合、製作に携わる技術者を増やしていきたいと思うのですが、人材育成をする余裕はありません。とはいえ即戦力になる人を他所から引き抜くわけにもいかない。小さな工房にとってそれは死活問題になるからです。こちらの出身で地元に帰るつもりの人でもいればありがたいのですが(笑)。」
これまで順調にやってこられたのは、人との出会いに恵まれたからだと宮久代表はいう。学校を出てすぐに店が出せたことも、工房の立ち上げ、工業団地への進出等に関しても、スタッフのみならず地元の多くの人たちに支援があった。そして何よりプロビジョンギターを愛してくれるユーザーたちに支えられてきたのだと。(2007年1月取材)

さまざまな機械や道具が揃う工房内。一本一本丁寧に手造りされている。
さまざまな機械や道具が揃う工房内。一本一本丁寧に手造りされている。

▼団地の詳細情報
宇部臨空頭脳パーク

 

▲ひとつ上の階層へ