ホーム > 事例紹介 > TDKマイクロディバイス株式会社(中郷団地)

TDKマイクロディバイス株式会社(中郷団地)

市場拡大が続く有機ELディスプレイ開発のトップランナー

電子部品メーカー、TDKの北茨城工場は電圧をかけると発光する有機ELディスプレイ(organic electroluminescence display)の開発・生産拠点。TDKマイクロディバイス(株)とTDK(株)ディスプレイ部が同居したグループの新鋭工場は、国際的にも競争が激しい有機ELの開発をリードしている。中郷団地への進出は1993年である。

開発と前工程の量産ラインを持つ工場として

TDKマイクロディバイス(株)の設立は1991年。1993年に茨城県北茨城市の中郷団地に工場を建設し、チップインダクタの生産を始める。1997年に有機ELディスプレイ・テクニカルセンターの分室が開設。2000年から有機ELディスプレイ及びSAWフィルターの生産を開始し、チップインダクタ工程が秋田へ移管された後、有機ELディスプレイの量産ラインが導入され現在に至る。
同工場の特徴はTDKマイクロディバイス(株)とTDK(株)のディスプレイ部が同居していることである。ディスプレイ部が開発・技術・マーケティングを、TDKマイクロディバイスが生産部門を担当しており、約150名の従業員はそれぞれに所属している。TDKグループでは最も新しい工場でもある。
「有機ELディスプレイに関しては、今まさに熾烈な開発競争が行われており、100社以上が参戦しているといわれています。しかし、実際に製品を出しているのは国内では当社を含め3社ぐらいです。使われている先は主に携帯オーディオやカーオーディオの表示部、携帯電話のサブパネルなどです。」
有機ELの応用範囲はどんどん広がっているというのは、TDKマイクロディバイス(株)の代表取締役であり、TDK(株)ディスプレイ部の部長でもある板倉俊二社長。 同工場では有機ELのカラー製品、モノカラー製品の前工程を担当する。カラー製品であれば、カラーフィルター形成、電極成膜、パターニング、有機層形成を行った後、成田へ送られ中国へ空輸される。ドライバーの装着、検査といった後工程はTDK大連など国外の生産拠点で行われる。前工程がすべて機械により生産しているのに対して、後工程は手作業に負う部分が大きいためであるが、クライアントも中国に進出しており、協力会社経由で直接納入されることも多い。

工場入口と板倉社長。
工場入口と板倉社長。

有機ELの特長を活かした市場開拓をめざす

「液晶と比べた場合、有機ELは自らが発光するためコントラストがはっきりしますし、動作速度も桁違いに速く、動画の再生などに向いています。これは最大の特長だと思います。また、有機EL自体の厚さは1ミクロンもありませんから、いくらでも薄いものができるわけです。さらに液晶は液体なので低温動作が苦手ですが、有機ELは固体なので低温に強く、マイナス40度でも大丈夫です。消費電力も三分の二程度でしょう。」
ただ、大画面は作りづらく、高精彩な小画面を得意としている。今後もこうした強味を活かす方向で一層の市場開拓を進めたいと板倉社長はいう。
「TDKでは製品開発をする際、素材にこだわり、素材からつくろうというのが会社の伝統というか、ポリシーになっており、これは有機ELの材料においても例外ではありません。そのため、TDKグループの研究開発部門が連携して開発した素材の有機ELは他社とは異なる特性をもっています。輝度においても寿命においても、今世界で一番優れている製品という自信があります。」

有機ELディスプレイの量産ラインが設けられている。
有機ELディスプレイの量産ラインが設けられている。

環境活動へも積極的に取り組み

現在、敷地10万8400平方メートルにクリーンルームを備えた延床面積1万1600平方メートルの工場が建つ。今年9月に成膜ラインを増強したが、今後も需要を睨みながらさらなる生産能力アップをめざす。また、コージェネレーションシステムによりエネルギー効率のアップ、大幅な二酸化炭素排出量の削減も図っており、2004年以降は100%リサイクルのゼロエミッションも達成している。
「進出先として当地を選択した理由は、常磐道高萩インターチェンジに近く、物流上の問題がなかったこと。工業用水に金属などの不純物質が少なく、洗浄用に適していたこと。そして優秀な人材をリクルートしやすかったことなどがあげられます。実際、従業員は地元出身者が多くを占めますし、環境活動への取り組み等においても地元と協力しながら推進することが必要になっています。」
携帯オーディオ等の普及により、有機ELへの注目は近年一挙に高まり、同社にも世界中から問い合わせがきている。技術的にもまだまだ向上の余地があり、可能性が広がる有機ELの“マザー工場”としての役割が益々期待されるわけである。 (2006年9月取材)

環境にもやさしい工場を実現している。
環境にもやさしい工場を実現している。

▼団地の詳細情報
中郷団地

 

▲ひとつ上の階層へ