ホーム > 事例紹介 > センコン・リージョナル・サービス株式会社 石巻馬っこ山しあわせの郷(石巻トゥモロービジネスタウン)

センコン・リージョナル・サービス株式会社 石巻馬っこ山しあわせの郷(石巻トゥモロービジネスタウン)

しあわせと生きがいを感じる福祉サービスを提供するグループホーム

福祉介護をサービス業と位置づけ、福祉の総合化事業を地域社会とともに確立することをめざすセンコン・リージョナル・サービス(株)。2006年に、3番目のグループホームが石巻市の石巻トゥモロービジネスタウンにオープンした。充実した施設と専門スタッフの支援体制は、質の問われる時代に入った福祉ビジネスをリードするものである。

地域密着型サービス事業の一環として

センコン・リージョナル・サービス(株)はセンコン物流のグループ企業として2002年に設立。仙台市に本社を置き、福祉を中心とした地域密着型のサービス事業を展開している。レストラン事業の『中国酒家』や寿司宅配事業の『銀のさら』などと並ぶ事業の柱として、福祉介護事業部において『しあわせの郷』を運営。2004年に認知症対応型のグループホーム、『遠見塚3丁目しあわせの郷』を開設。同所では一般及び認知症のデイサービスに対応するほか、ケアプランセンター(居宅介護支援施設)としての機能も併せ持つ。2005年には『連坊しあわせの郷』を開設、デイサービスが一般対応のみというほかは『遠見塚3丁目』と同様の態勢である。 
通所介護事業であるデイサービスでは、通所される一人ひとりと一緒に目標を立て、プランを組みながら行う積極的な機能訓練である“パワートレーニング”を実施。日常生活の動作を潤滑にすることを第一の目標に、さらにはダンスやパターゴルフなど趣味を楽しむことができるような段階までのトレーニングも行う。また、管理栄養士の手によるバラエティ豊かなメニューで食べる楽しみを満喫するサービスや入浴サービス等も提供している。なお、『遠見塚3丁目』では認知症改善のための機能訓練サービスも行っている。 そして2006年3月に、同社の3番目の施設として石巻トゥモロービジネスタウンの健康・福祉ゾーンにオープンしたのが、『石巻馬っこ山しあわせの郷』である。 

今野てる子施設長と施設外観
今野てる子施設長と施設外観

自分の家で暮すような共同生活を

『石巻馬っこ山』は2ユニット(1ユニット9名)のグループホームで、約3000平方メートルの敷地に耐震性にすぐれた特殊工法でつくられた約560平方メートルの平屋が建つ。全部で18ある居室は約6畳ほどの広さですべて南向き。現在、入居者は9名だが、申請中が7名。スタッフは14名である。 
「地元の方で認知症で、要支援2から要介護4までの方が入居中です。自分の家で暮すのと同じようなあたたかな雰囲気の中で、ゆったりとした共同生活を送っていただけるよう心がけています。2級以上のヘルパー資格や介護福祉士の資格を持つスタッフによって、食事や入浴など日常生活のお世話をし、自立生活のお手伝いをします。」 老人病院の看護師長を長く勤め、ケアマネージャーとしても活躍された今野てる子施設長は、自身も父親の介護経験を持つ。 
「若いうちはいくら苦労してもいいけれど、歳をとってからはあまり苦労させたくないものです。人間、老後が幸せならば、一生幸せだったと思えるんじゃないでしょうか。」 一人ひとりが自分のペースで暮し、ほんとうに幸せになるための場所。『しあわせの郷』の名前の由来もおそらくそこにある。

パワートレーニングのための器具も充実している。
パワートレーニングのための器具も充実している。

地域とふれあう最適の場所

通称“馬っこ山”の麓にある当地は、四季折々の景観も美しい、自然に恵まれた環境にあり、認知症進行の抑制にも効果が期待できる。また、近隣で住宅地化が進んでおり、地域密着型のグループホームを実現する上でもふさわしい場所という判断がされた。 
「入居者の方々を隔離し、引きこもらせるのでなく、積極的に外に出て地域の人々とのふれあいを求めていく必要があります。学生さんなどボランティアも受け入れていますし、所内で催される行事・イベント等へも多くのみなさんに参加してもらっています。地域の中で認められ、親しまれる施設であることが何よりも大切なのです。」 
所内の機能訓練室は地域の人々にも開放し、介護予防の啓発・普及の場となることをめざしている。訓練室に設置された高齢者向けリハビリマシンは、同系列のセンコン・テクノサービス(株)が産学連携によって開発したものである。 
『しあわせの郷』では、基本理念として“しあわせの3つの約束”を掲げている。心のしあわせ(尊厳保持)と身体のしあわせ(介護予防・自立支援)、そして地域のしあわせ(地域密着・社会的責任)であり、笑顔あふれる環境、生活の質の向上、地域参加型の施設であることなどが謳われている。 
「介護支援事業にはさまざまな企業が参入されていますが、まだ始まったばかりで、正直どこも手さぐり状態です。介護制度そのものも、ニーズに応じてどんどん変わっていくでしょう。ただ、介護サービスは質が問われる時代になったということは間違いありません。」 (2006年8月取材)

中庭では野菜の栽培も行われている。
中庭では野菜の栽培も行われている。

▼団地の詳細情報
石巻トゥモロービジネスタウン

 

▲ひとつ上の階層へ