ホーム > 事例紹介 > 株式会社フジキン 東北サービス工場(江刺フロンティアパーク)

株式会社フジキン 東北サービス工場(江刺フロンティアパーク)

革新技術を搭載した半導体製造用ガス供給システムのナンバーワン工場

ロケットや原子力発電所に使う特殊バルブ機器の製造で知られる(株)フジキンは、超精密ながれ(流体)制御システムの世界ナンバーワン企業である。平成17年に半導体製造装置の集積化ガス供給システムの専用工場である東北サービス工場を江刺フロンティアパークに建設。技術の究極をめざすチャレンジを続けている。

極限の技術で実績を築いた75年

(株)フジキンの前身である小島商店は昭和5年に配管器材、機械工具の問屋として大阪に創業。本格的に製造業に転身するのは昭和29年の富士金属工作(株)の設立からである。バルブメーカーとしては後発ではあったが、他社で扱わない特殊バルブ機器類の開発・製造で頭角を現し、その製品群は、宇宙開発、海洋開発、原子力発電、化学コンビナート、リニアモーターカー、半導体製造装置用、ケミカルプラント、バイオプラント等々、多岐にわたる。現在では超精密ながれ(流体)制御システムのトップメーカーに成長、世界シェア43%を占めるに至った。
「元々は問屋だったのですが、お客様のご要望に充分応えるような品物がない、ならば自分たちで創るしかないということからスタートしました。わが社の製品は宇宙空間をはじめ、高温、極低温、超高圧といった極めて過酷な条件で使われるものが多く、しかもほんのわずかなミスや狂いも許されない現場で使われるものばかりです。さらに、耐久性にもすぐれた超精密な機器であることが求められます。例えば、火力発電所のバルブ機器はかつて、一ヶ月ごとに交換しなければならなかったものが、わが社で考案したセラミック素材のものを使うことで、数年間は交換不要になりました。また、ロケット用バルブ機器を初めて国産化し、この分野でのシェアは80%に達しています。」
75年の歴史の中でありとあらゆるフィールドで用いられる“極限の技術”を培い、着実に実績を築き上げてきたと語るのは、東北サービス工場・工場長付田中林明氏。 

東北サービス工場の外観と田中氏。
東北サービス工場の外観と田中氏。

高い評価を受けたガスシステムの工場として

フジキンの国内の開発・製造の拠点としては、大阪工場、大阪柏原事業所、筑波フジキン研究工場、大阪ハイテック研究所、東北サービス工場がある。その中で一番新しく、東日本及び北日本の拠点として開設された東北サービス工場は、半導体製造装置用の集積化ガス供給システム(IGS)の専用工場でもある。
「半導体製造に使うガスは危険なものが多く、それを供給するためのガス供給システムは、非常に正確なコントロールが要求されます。また半導体製造過程では、極微細なゴミを嫌うため、徹底したクリーン化が求められていますが、わが社のIGSはクリーンルーム内での製造工程も含めて、その信頼性から高いシェアを占めています。革新的な技術がいくつも組み込まれていますが、なかでも接続部のWシール方式が高い評価を得て、今ではこの方式が半導体ガス供給システムにおけるスタンダードになっています。」
同装置は、平成17年には、“ゆらぎのないガス供給を可能にした半導体製造用高純度集積化ガス供給システム”として、内閣総理大臣表彰『第1回ものづくり日本大賞』の製品・技術開発部門で優秀賞を受賞している。

『第1回ものづくり日本大賞』で優秀賞を受賞したIGS製品。
『第1回ものづくり日本大賞』で優秀賞を受賞したIGS製品。

世界を視野に新分野にも挑戦

フジキンはアメリカのコネチカット州をはじめ、ヨーロッパ、アジアにも積極的に進出し、ワールドワイドな事業展開を図るばかりでなく、最先端の技術と情報技術を活かす場としてマイクロマシンやナノ・ピコテクノロジー、エコロジー、ニューエネルギー、メディカルエンジニアリング、バイオテクノロジー、福祉機器等々の分野にも意欲を示し、研究を行っている。
新しいスタイルのインテリジェンス・インテグレーターを標榜する同社の特徴を田中氏は、能力を思う存分発揮できる風土であるという。社員教育を大事にしており、資格の取得等、自己啓発に対しての支援体制も整っている。“極限に挑戦し、技術の究極を超える”という企業ポリシーは、社員一人ひとりに浸透しているようだ。
東北サービス工場は敷地4634平方メートル、建物の延床面積は1948平方メートル。従業員約60名のうち田中氏も含め23名が大阪からの出向であるが、生活しやすい環境に満足度は高い。
「進出先としては、東日本・北日本のお客様への拠点としてアクセスもよく、価格的にも安いということで当地にすんなりと決まりました。IGSはフジキンの中でも今後ますます発展が期待できる部門であり、まさにフロンティアという名にふさわしいプラントです。こちらに進出してまだ1年なのですが、すでに増産体制(敷地を倍増しての増築)の準備を急いでいるところです。」(2006年7月取材)

緑に包まれてさわやかな環境。
緑に包まれてさわやかな環境。

▼団地の詳細情報
江刺フロンティアパーク

 

▲ひとつ上の階層へ