ホーム > 事例紹介 > 北海道立北方建築総合研究所(旭川リサーチパーク)

北海道立北方建築総合研究所(旭川リサーチパーク)

産学官の連携を活かし、積雪寒冷地の住宅性能のアップに貢献

北海道にふさわしい住まいづくり、まちづくりをめざし、半世紀にわたってさまざまな調査研究を続けてきた北方建築総合研究所が旭川市に移転したのは2002年。新庁舎は環境負荷低減技術の研究成果を随所に取り入れた省エネの実証モデルでもある。道民の暮らしに密着した研究を推進し、道内の産業の活性化も図っている。

50年の歴史をもつ研究所として

北海道立北方建築総合研究所の前身は、1955年に3つの試験研究機関(工業試験場建築部、衛生部環境衛生課、ブロック建築指導所)が統合して設立された「寒地建築研究所」である。その後、「寒地住宅都市研究所」と名称を変更、2002年4月に札幌市から旭川市の旭川リサーチパークへの移転を機に大幅な機構改革が行われ、「北方建築総合研究所」として改組された。「旭川へ移転したのは、札幌の敷地が手狭になり研究所としてこれ以上の機能充実が難しくなったからです。旭川は北海道第二の都市ですし、まさに積雪寒冷地でもあり、実験・調査等を行ううえでも適地といえます。また住宅産業の集積もあり、それらの活性化、振興に寄与できるのではないかということも当地が選ばれた理由です。」旭川リサーチパークに移転して今年で5年目、十分なスペースを活用することができ、用地選定は正解だったと片桐久司所長はいう。敷地約3万4000平方メートルに立つ庁舎は地上4階地下1階で延床面積約8300平方メートル、管理研究棟と実験棟とで構成される。実験棟には風雪環境を再現する風雪実験室や積雪寒冷下での人体動作等の実験ができる外部環境シミュレータ室を始め、構造強度実験室、耐震実験室、材料耐久実験室、建築物理実験室、室内環境シミュレータ室等が配置されている。さらに同敷地内に防音実験棟、防耐火実験棟も併設、耐久性実験場や実験街区も備わっている。

片桐所長と庁舎外観。
片桐所長と庁舎外観。

民間や他の機関との連携を図り

同研究所では市町村の住宅政策やまちづくりの支援、積雪寒冷地に即した住宅産業、特に地域の工務店の技術力向上の支援を中心に、さらには災害に強いまちづくりなどの災害対策、省エネルギー、自然エネルギー利用、資源利用リサイクルなどの環境対策、ユニバーサルデザイン等の高齢化・福祉対策など多岐にわたっての調査研究を行っている。「行政が抱えるさまざまな課題の解決に向けた調査研究はもとより、産業界のニーズに対応した研究も行われ、今や民間との共同研究が半分を占めています。また、28箇所ある道立の試験研究機関や大学との共同研究も活発で、産学官連携の体制が整っています。」居住科学部、環境科学部、生産技術部と企画総務部で構成され、研究職員41名、行政職員10名の陣容。また、同研究所は国土交通大臣より指定を受けた防耐火構造、防火材料、化学物質発散建築材料の性能評価機関でもある。

風雪実験室(左)と耐震実験室。
風雪実験室(左)と耐震実験室。

研究成果を活かした庁舎を建設

庁舎の建設にあたっては、環境負荷低減技術に関する研究成果が積極的に取り入れられた。外断熱工法による高断熱と高気密性能の実現、管理研究棟と実験棟をつなぐアトリウム空間のドラフト効果を利用したパッシブ換気システム、ライトシェルフによる自然光利用、日射遮蔽、自然通風やナイトパージ、輻射冷房、氷冷房などによる自然エネルギー活用型の防暑システム等が導入されている。「ここではさまざまな技術をうまく組み合わせて活用しています。旭川の夏は意外と暑く、冷房を使いますが、冬季につくって地下のアイスシェルターに貯蔵した100トンの氷を利用するのです。執務時間帯での自然光利用率は90%以上になりますし、暖房冷房用の一次エネルギーの大幅な削減で高い省エネルギー効果を実現していますから、同程度の建物で比べたときランニングコストは半分程度だと思います。」庁舎は2003年に『第10回 環境・省エネルギー建築賞国土交通大臣賞』も受賞している。道内の自治体の建物や学校の改築に、ここで培われた技術やアイデアが多く採用されていることはいうまでもなく、寒冷地以外からも断熱工法等のノウハウなどに引き合いがあり、見学者は絶えない。「今後も社会的なニーズや産業界のニーズに結びついた研究を推進するとともに、企業や他の研究機関とのコラボレーションの可能性をさらに広げていく必要があります。また、地場企業やベンチャーへの支援を通じ、新たな事業の創出にも積極的に関わっていくことが求められています。」一般の人々への情報発信や交流、インキュベート機能の充実も今後の課題だと片桐所長はいう。(2006年5月取材)

研究成果の活用により省エネを実現する庁舎。
研究成果の活用により省エネを実現する庁舎。

▼団地の詳細情報
旭川リサーチパーク

 

▲ひとつ上の階層へ