ホーム > 事例紹介 > 株式会社アストリム 岐阜工場(瑞浪クリエイション・パーク)

株式会社アストリム 岐阜工場(瑞浪クリエイション・パーク)

高品質を実現するハード&ソフトを備えたサプリメント・ファクトリー

化粧品と栄養補助食品のOEMメーカー、(株)アストリム。サプリメント製造の先駆けである同社の岐阜工場が、瑞浪市の瑞浪クリエイション・パークに移転したのは2005年。より高品質を求めて入念に設計された最新鋭工場は、徹底した品質管理体制と卓越した技術陣により同社の牽引車となっている。

サプリメント製造の先駆け

(株)アストリムは、(株)アスティの関連会社として1994年に設立された。設立当時は(株)全日本敏感肌改善研究所という社名であったが、1995年から現在の社名に変更された。1985年創業の(株)アスティ(本社:東京都豊島区)は化粧品及び栄養補助食品の企画・卸販売、エステ美容機器及び美容雑貨の取り扱いを中心に事業展開をしており、“美と健康をプロデュースする会社”を標榜している。(株)アストリムはその製造部門を担うという位置付けである。本社は東京都豊島区池袋サンシャイン60ビル内にあり、群馬県に化粧品製造を行う群馬工場、神奈川県に同じく化粧品製造の神奈川工場を持つ。栄養補助食品製造を担当する岐阜工場は1996年に岐阜県土岐市に設立、何度かの移転後、2005年9月に瑞浪市の瑞浪クリエイション・パークに移転した。「アスティは当初、製造はすべて外注委託していましたが、より高い品質を維持するためにも自らで携わる必要性を感じ、立ち上げたのがアストリムです。アスティは元々化粧品から始まった会社でしたが、お客様から体の外をケアするだけでなく、体の中からケアするものもほしいという声が多く出てきました。そうしたユーザーのニーズに応えるかたちで始めたのが、栄養補助食品、サプリメントの製造です。」当時はまだ大手メーカーの本格参入もなく、サプリメントの製造では先駆け的存在であったと吉本勝幸専務取締役・岐阜工場長はいう。同社では化粧品とサプリメントが事業の両輪であるが、現時点では化粧品事業が売上的にも上回っている。ちなみに岐阜工場では、ビタミン剤やコエンザイム、ダイエット関連などといったサプリメント製造が全体の9割を占め、そのすべてがOEM(Original Equipment Manufacturing 供給先ブランド名で販売される受注生産)である。

岐阜工場の外観と工場長の吉本専務取締役。
岐阜工場の外観と工場長の吉本専務取締役。

新工場は栄養補助食品GMPも申請

「土岐市から当地に移転を決めたのは、まずキャパシティの問題があります。手狭になってもう対応できなくなったこと。それと土岐市の工場は、前にあった建物を改造したものでしたから、ままならないことも多かったのです。品質の高いものをつくるには、それを実現するためのしっかりとした器としての建物が必要なわけで、更地に一から自分のプランどおりにつくることが理想でした。」約6500平方メートルの敷地に3階建て、延床約4300平方メートルの工場はクリーンゾーンを備え、空調関係等もすべて医薬品製造に準拠。医薬品GMP(Good Manufacturing Practice)に相当する栄養補助食品GMPも申請している。また、ISO9001は土岐市に工場があった2003年に認証取得しているが、日本だけでなくアメリカ、イギリス、オランダの4カ国の認定を取っている。現在、従業員は44名。管理職も含む全員が地元の採用である。

(左)造粒機。(右)ハードカプセル充填機。
(左)造粒機。(右)ハードカプセル充填機。

戦力を維持したままでの移転に成功

「新しい工場の候補地は、土岐市からあまり遠くない地元でさがしたいという気持ちはありました。工場の財産である技術者たちがついてこられないような所では困るわけで、通勤面でもスムーズな場所がよいタイミングで見つかったと思います。おかげでマンパワーを失うことなく、100%戦力を維持したままで当地に移転することができました。広さも十分ですし、インターからも近く、アクセスにすぐれています。あまり山の中というイメージもないのも気にいっています。」 OEMが多くを占めることもあり、工場の見学に訪れる供給先も多いが、工場・設備にもまして工業団地に対する評判もいいという。工場内は現在6割が使用されており、残り4割がいわゆる予備室として確保されている。今後の事業拡大に対応する余力として残されているわけだ。西にも東にも偏らず物流面で好位置にある中部地区のメリットを活かし、アストリム独自の販路拡大等、可能性の追求をめざしている。(2006年2月取材)

(左)PTP包装作業。(右)ビン充填ライン。
(左)PTP包装作業。(右)ビン充填ライン。

▼団地の詳細情報
瑞浪クリエイション・パーク

 

▲ひとつ上の階層へ