ホーム > 事例紹介 > 医療法人天神会・古賀病院21(久留米ビジネスパーク)

医療法人天神会・古賀病院21(久留米ビジネスパーク)

高度な技術と快適な施設で21世紀型医療を追求

“人々の豊かな生涯を支援する医療”を理念に地域医療に貢献する医療法人天神会。久留米市の久留米ビジネスパークにある古賀病院21は、広い敷地にゆとりある空間で構成されたアメニティに優れた未来型病院である。最新の医療機器とシステム、高い技術を持つスタッフが患者本位の医療を実現する。

PET画像診断センターの先駆け

古賀病院21は西鉄宮の陣駅に近い久留米ビジネスパーク内にあり、敷地面積約2万1600平方メートル、5階建でベッド数は200床。医療法人天神会に属し、同会は久留米市天神町に新古賀病院と古賀クリニックを持つ。同会の設立は平成4年であるが、その始まりは昭和21年に初代院長古賀一雄氏が創設した内科医院に遡る。昭和33年に古賀病院として発足、附属研究所や介護支援センター等も設立。平成9年に新古賀病院を開設し、その後も改修や統合が行われ、古賀病院21が開設されたのは平成14年9月である。「現在、日本医療機能評価機構にも認定された新古賀病院は、地域に密着した急性期病院として、心筋梗塞や脳卒中の早期発見、治療に力を注いでいます。古賀病院21は新古賀病院に先んじて日本医療機能評価機構に認定され、PET検査や冠動脈MRI検診、MRIによる拡散強調画像を中心に、がんや心疾患、脳卒中等の予防医療を図ることを主たる目的にした病院です。一方古賀クリニックは、人工透析、並びに検診センターとして機能しています」 3つの病院は競合するのでなく、地域の中で役割を分担しているのだと医療法人天神会の古賀暉人理事長はいう。最近メディアで盛んに取り上げられているPET(Positron Emission Tomography・陽電子放射断層撮影装置)は、がんの早期発見のための最先端医療機器である。従来のがん検査は部位ごとにしか検査できないが、PET検査は一度に全身を検査できる為スクリーニングとして有用で、検診に適している。しかしPET検査ですべてのがんが見つかるわけではなく、部位によっては見つかりにくいものもある。そこでCT検査や超音波検査、MRI検査、胃カメラ検査、血液検査等を組み合わせながら発見率を高めている。このようにPET検査に他の検査を組み合わせた結果、がん発見率が高まるだけでなく、その他の様々な疾患も発見することができる。古賀病院21では、検診を実施したその日のうちにがんを含めたあらゆる疾患についての検査結果を説明している。「結果説明の際にはがんだけでなく、その他の疾患についても検査画像を見てもらいながら説明し、健康保持のモチベーションを高めていただくことを目指しています」

最先端医療機器のPETと古賀理事長。
最先端医療機器のPETと古賀理事長。

落ち着いた環境と広い敷地が決め手に

「ビジネスパークで広い理想的な敷地が確保でき、それを生かそうとした時、素晴らしい土地に相応しい良い施設を作ろうという考えが自ずと浮かびました。治療や入院で来院される方達にとって落ち着いた療養環境を提供することはもちろんのこと、健康な方達にも検診で利用していただける施設にしようという方向性が定まったのです」広い土地を確保できたことが、ゆったりとした快適な空間を持つ多目的な病院にする決め手だったと古賀理事長はいう。広々とした良い施設は来院される方に好評で、同時にスタッフのモチベーションも上がった。公共交通によるアクセスはいいとはいえず、外来患者の利便性を考慮すれば他の選択もあったのだろうが、ビジネスパークの十分な広さは魅力的であった。また駐車場のスペースも確保でき、結果的に広域からの来院が増えることとなった。
広い敷地には十分な駐車スペースを備えている。
広い敷地には十分な駐車スペースを備えている。

予防医療と広域対応が病院経営の要に

「我々の病院が生き抜くためのポイントは2つあると思います。1つは健康な人たちを対象にするということ。国も予防医療に力を入れているという状況の中で、他にない高度な検診センターを作ることを目標にしています。もう1つはより広くから来ていただけるようにすること。院内の設備や環境整備をよそに先んじて充実させることで、広域からたくさんの方に来院していただけると考えています」良い設備や機械は、良い場所に置かれれば、そこには自然と良いスタッフも集まってくるというのが古賀理事長の持論である。同院ではPETだけでなく、日本でも先駆けて心臓ドック(冠動脈MRI)も実施しており、その成果は学会で発表され、高い評価を得ている。また、PET検査や、PET検査に続くがん検査として期待されるMRIによる拡散強調画像診断に到っては、国内のみならず、海外の学会でも活発に発表されている。その他に睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害を扱うスリープセンターも他に先駆けて設置されている。(2005年12月取材)

病院内には大きな絵も飾られ、明るくゆったりとした雰囲気をつくっている。

▼団地の詳細情報
久留米ビジネスパーク

 

▲ひとつ上の階層へ