ホーム > 事例紹介 > エコラボ株式会社 志賀工場(能登中核工業団地)

エコラボ株式会社 志賀工場(能登中核工業団地)

環境に配慮しながら開発に取組む洗浄と衛生管理のスペシャリスト No.1グローバルサニテーション企業 ECOLAB

レストランやホテルなどの業務用洗剤や機器類の製造販売、工場に衛生管理システムを提供するエコラボ(株)。米国の親会社は80年の歴史を持ち、世界のマーケットでトップシェアを占める。西日本の拠点として能登中核工業団地に進出した志賀工場を支えるのは地元出身の社員たちと自治体のバックアップである。

トータルサニテーションのグローバル企業

エコラボ(株)の前身であるイーエル(株)が東京都千代田区に創業したのは昭和44年。米国の業務用洗剤の製造販売会社、Economics laboratory,Inc.と日本のチッソ(株)の合弁会社であった。その翌年に千葉県野田市に野田工場を開設し、国産化を始める。昭和61年には合弁を解消し、Economics laboratory,Inc.の100%出資会社として再発足。昭和62年に米国の親会社がEcolab Inc.に社名変更したのを受け、エコラボ(株)となった。能登中核工業団地に志賀工場を開設したのは平成5年である。親会社であるEcolab Inc.は1923年の創業で、世界170カ国に拠点を持つシェアナンバーワンのグローバル企業。“洗浄、衛生管理維持のニーズを満たすため高品質な製品と効果的な洗浄システム、並びに一貫したサニテーションプログラムの提供”を謳う。 日本でもインスティチューショナル部門とフード アンド ビバレッジ部門の二つの主要営業分野を中心に全国展開し、現在北海道から沖縄までセールスネットワークを持ち、各種産業向けに多様な製品とサービスを提供している。インスティチューショナル部門では主にホテル、レストランなどのフードサービス業界やランドリー、ビルメンテナンス業界に洗浄剤、殺菌剤、機器類の製造・販売を行い、フード アンド ビバレッジ部門ではビールや清涼飲料などの食品加工工場や酪農分野における衛生管理を行っている。「米国は洗浄技術の先進国といわれ、米国から親会社が進出したとき、日本の衛生意識のずれが指摘されました。日本人はきれい好きですが、見かけはきれいでも実は菌がいっぱいついているのです。トイレも手拭き用に使い捨ての紙でなくタオルが使われていました。そういった意識の改革にも貢献してきたと思います。」食品工場等における衛生管理体制も年々厳しくなっており、それに応えるための製品、技術、サービスの提供が一層求められていると志賀工場長はいう。

ブルーが鮮やかな志賀工場の外観と吉村毅志賀工場長。
ブルーが鮮やかな志賀工場の外観と吉村毅志賀工場長。

より付加価値の高い工場をめざし

野田工場が首都圏、東日本をカバーするのに対し、志賀工場は西日本の製造拠点として位置付けられる。約5000平方メートルの工場では洗浄剤の他、自動食器洗浄機、ディスペンサーなどを担当、GMP設備も建設され、2005年から薬事関連製品の製造も始まっている。同社の全製品中、25%は米国からの輸入で75%は日本でつくられるが、志賀工場でも約400品種が生産される。従業員は現在36名、94%の社員が地元からの採用である。「こちらの人間は粘り強く、定着率もいい。QCサークルのような小集団活動でも大きな成果をあげています。当地進出のメリットの一つといえるでしょう。団地の選択にあたって、地盤が地震に強いとか各種助成措置が講じられていることなどに加え、県、町の誘致担当者の熱心さが決め手になったと聞いています。また県や町には、今でもいろいろな面での支援をいただいています。」

洗浄剤を中心に多種多様な製品が製造・管理されている。
洗浄剤を中心に多種多様な製品が製造・管理されている。

最新の技術で社会貢献を

これまでも安全性と環境を念頭に製品開発に取り組んできたが、ユーザーの要求は益々厳しいものになっている。同社では容器のリサイクルから一歩進んで、プラスチック容器を使用しない固形の洗浄剤や排水による富栄養化を抑える製品等も開発された。工場自体も排水を再利用するクローズド・システムを採用。環境ISOの14000シリーズも取得している。また重量1トンにもなるコンテナ容器や劇薬物である苛性ソーダ等を扱うこともあり、安全教育にも万全を期している。「わが社の強味は洗剤の性能が優れていることはもちろん、納入後のフォローがしっかりしていることです。レストランでも食品工場でも洗剤や洗浄機器を長く使ってもらうためには供給体制はもとより、クレームや相談にも迅速かつ的確に応えることが必要なのです。」老人ホーム等の高齢者施設における衛生管理のランダーケアプログラムや工場で匂いを取り除く残香除去プログラムなど時代のニーズに応じた新製品の開発も進められている。(2005年10月取材・2008年10月一部修正)

志賀工場から西日本の各地へ製品が配送される。
志賀工場から西日本の各地へ製品が配送される。

▼団地の詳細情報
能登中核工業団地

 

▲ひとつ上の階層へ