ホーム > 事例紹介 > 新発田ガス株式会社 中条支店(新潟中条中核工業団地)

新発田ガス株式会社(新潟中条中核工業団地)

地域に信頼されるガス会社をめざし、“顔の見える”事業を展開

地球環境へのやさしさが注目される県産の天然ガスを供給する新発田ガス(株)。エネルギーの自由化に伴う苛烈な競争の時代にあって、地元密着型の事業展開を図っている。新潟中条中核工業団地に進出した中条支店でも、安定供給、安心、安全をベースに地域に新しいサービスを提案している。

エネルギーをとりまく状況の変化

「ガス事業者にとって、今は追い風といってもいいでしょう。京都議定書以来、CO2の排出削減が緊急の課題になっていますが、化石燃料の中で最もCO2排出量が少なく、環境にやさしい天然ガスによる熱源確保を各企業で検討し始めています。また石油価格が高騰していますが、天然ガスは石油のように中東依存でなく、インドネシアやカナダ、豪州などに分散されていますし、現在確認されている天然ガスの資源だけでも約60年は大丈夫だといわれています。供給ルート、価格ともに安定感が大きな魅力になっています。」しかし、追い風ばかりでなく同時に逆風ともいうべき厳しい競争も始まっていると、新発田ガス(株)中条支店の村田規和支店長はいう。「規制緩和により、エネルギーをとりまく状況が変わってきました。例えば、50万立方メートル以上の大口需要家はガスの購入先も値段も自由に選ぶことができるようになりました。今後さらに10万立方メートル以上とハードルが低くなることも予想され、そうなるとちょっとしたホテル程度の規模でも該当することになり、中小ガス事業者は資金力のある大手との価格競争を余儀なくされるのです。」電力会社によるメディアを駆使した“オール電化攻勢”もある。先行している関西地区では新築の実に60%がオール電化仕様であるという。地元新潟県のオール電化率も高い。

村田規和支店長。“どこにいても目立つように”とカラフルなユニフォームが採用されている。
村田規和支店長。“どこにいても目立つように”とカラフルなユニフォームが採用されている。

中条町のガス事業を引き継ぎ

新発田ガス(株)は昭和7年に創業。新発田市、聖籠町、中条町(現胎内市)、阿賀野市などを供給区域とする大口、一般、導管のガス事業者である。需要家件数約3万4千件、ガスの販売量は約7千8百万立方メートルで新潟県産の天然ガスを使用、需要家件数に比して販売量が多く、全国でもまもなく20位に届く優良企業だ。同社が中条町より一般ガス事業の譲渡を受けたのは平成13年、同町の新潟中条中核工業団地に供給所と支店を開設した。供給所とは高圧で送られてきたガスを減圧して需要家のもとへ送り出す中継点であり、電力会社の変電所に相当する。「新潟県は天然ガスを産出することもあり、市町村でガス事業を行っているところが数多くあります。ただ市町村合併を機に事業を切り離すところも多く、中条町はその中でも一早く民営化に踏み切りました。当地は既に町が所有していたもので、それを当社がそのまま受け継いだのです。町の中心にあり、大口径の導管も集中していましたし、当地に企業が進出した場合に需要に応えることができるというメリットもありました。」

支店内ではガス製品の展示・販売も行われている。
支店内ではガス製品の展示・販売も行われている。

激しい競争の時代を勝ち抜くために

ガス事業は天候や災害等によって売上げが大きく左右される。加えて、同業や他エネルギーとの競争にさらされる時代にあって、勝ち抜いていくためのポイントを村田支店長は次のように語る。「価格だけで勝負するのでなく、何よりも安定供給、安全、安心というあたりまえのことを、真面目にきっちりおさえることだと思います。電話回線を使った24時間圧力監視システム(テレメーター)の採用など、セキュリティの充実等を図ることはもちろんですが、それらベースとして地域に信頼されるガス会社になることが重要です。」同社ではそれを“顔の見えるガス事業”と呼び、勝手口でのおつきあいができる地域密着型の企業として認知されることをめざす。「地震等への緊急対応はもとより、日常の安全点検やアドバイス等を通して地元の方々の信頼を獲得していこうと。よく、社長より『留守番や買い物を頼まれるくらいになろう』と言われています。また、中条地区は、これまで町で運営していたためにガスの利用範囲が限定されていましたが、ガスの冷暖房をはじめ様々な用途についての提案もしていきたいと思います。」ガスエンジンは、タービンで発電を行い、その廃熱で冷暖房や給湯に、そして最近では産廃物の乾燥にも利用する省エネ、省コストのコジェネレーションシステムを推進。また、天然ガス自動車の燃料供給施設であるエコステーションの開設など、資源の有効利用や環境問題へも積極的に取り組んでいる。 (注)中条町は平成17年9月より胎内市となりました。(2005年9月取材)

中条支店はガスの供給所を兼ねている。右はシンボルの「ニコタン」タンク。
中条支店はガスの供給所を兼ねている。右はシンボルの「ニコタン」タンク。

▼団地の詳細情報
新潟中条中核工業団地

 

▲ひとつ上の階層へ