ホーム > 事例紹介 > ニッタモールド株式会社 甲南工場 (甲南フロンティアパーク)

ニッタモールド株式会社 甲南工場 (甲南フロンティアパーク)

技術力と提案力を武器に、高品質と低コストを追求

ニッタモールド株式会社は、プラスチック射出成形の金型設計、製作から製品づくりまで一貫して行い、その品質の高さを支える技術力と提案力が注目されている企業である。自然に恵まれた甲南フロンティアパークに昨年建設された甲南工場は、さらなる発展の足がかりになることが期待されている。

フットワークのよさが飛躍の鍵

「組織にはおさまりきれなかったので思いきって独立しましたが、この15年の間には大病をしたり、必ずしも順調というわけではありませんでした。しかし、不思議なくらい“人との出会い”に恵まれ、そのおかげで切り抜けることができました。」ニッタモールド株式会社の創業は平成2年、脱サラした茂呂孝男社長が住宅の倉庫にドラフター1台を持ち込み、金型設計の会社としてスタートした。その後、設計だけでなく射出成形機を導入し、製品を納めるようになってから会社は順調に拡大を続けた。現在、創業の地に本社と希望ヶ丘工場、水口町には汎用品専門の水口工場がある。そして平成16年、滋賀県甲賀市の甲南フロンティアパークにクリーンルームを備えた甲南工場を立ち上げた。「我が社の強味は製品設計から金型の設計、製作、成形、検査まですべての工程への対応ができるということ。特に試作品であるとか、短期間に製品化するような場合、このフットワークのよさがものをいいます。また、機密保持が求められる製品では、一貫してかかわることによる信頼も得られています。」

(左)最新の設備をもつ甲南工場の社屋。(右)茂呂孝男社長。
(左)最新の設備をもつ甲南工場の社屋。(右)茂呂孝男社長。

高い技術と仲間意識を力に

生産品目はOA機器部品、医療用具、自動車部品から雑貨類にまで及ぶが、なかでも透明成形品、小物精密成形、高機能樹脂成形、医療用具成形を得意分野としている。「人件費の安い中国に負けないためにはどうすればいいか。一つには輸送コストが少ない小物に特化すること、もう一つは技術力の高さで勝負する製品を手がけることです。」同社の技術のベースともいうべきものが、金型製作と製品成形における豊富な経験と実績である。高精度で耐久性にすぐれた金型が高品質を可能にしている。「客先からこんなことができないかと持ちかけられたときに、直ちに応えられる技術力を持たねばなりません。同時に、こんなこともできますといった、こちらからの積極的な提案力も必要。そしてサポート力です。」この3つの力を発揮することで信用を勝ち取り、それが発展の原動力になってきた。営業部門がなくてもオファーは引きもきらず、である。また、同社には女性の従業員が多いが、幹部に女性が登用されているのも特徴である。対外折衝に関わる重要なポジションや現場の要にパート出身の女性がついているという。「経営者と従業員ではなく仲間という意識です。これまでもずいぶんたすけられてきたし、今でもしっかりしろと尻をたたかれます(笑)。この雰囲気はずっと変えたくないですね。」

女性が活躍していることも同社の特長の1つ。
女性が活躍していることも同社の特長の1つ。

理想的な環境を得た工場から

ここ甲南工場は同社のさらなる飛躍をめざした新鋭工場である。現在建設中の第二名神高速とのアクセスのよさは、今後名古屋方面への展開を考えたときに大きなメリットなるし、当地は雇用の確保もしやすいという。しかし、それらにまして自然環境のよさが、当地を選択した一番の決め手になった。「サラリーマン時代に上司に向かって、“新しく立ち上げる工場には、良い環境と良い設備と良い給料が必要だ”などと偉そうにぶちあげたものです。たしかに良い環境というのは大切な要素。ここは東海自然歩道があったりと、豊かな自然に囲まれた理想的な場所です。」新しい設備を導入し、すでに第二期工事に着手。より高い目標の達成に向け、とどまることを知らない。今年3月には、株式会社としてスタートをきることになっている。(2005年3月取材)

理想的な環境の中で、いきいきと働く姿が見られる。
理想的な環境の中で、いきいきと働く姿が見られる。

▼団地の詳細情報
甲南フロンティアパーク

 

▲ひとつ上の階層へ