小矢部フロンティアパーク

北陸と東海のクロスポイント。交通至便な団地です。

金型技術等を基盤とした金属、機械、非鉄金属などの産業集積があり、県内外の企業への部品供給拠点として大きな役割を果たしている富山・高岡地域にある事業用地です。
また、北陸自動車道小矢部インターチェンジまで約3キロメートル、北陸自動車道、東海北陸自動車道、能越自動車道が接続する小矢部ジャンクションまで5.5キロメートル、と企業の広域活動に優位な立地も特徴です。
平成27年3月14日に開通した北陸新幹線(長野・金沢間)により、長野・東京方面との時間距離が大幅に改善されました。

物件概要

小矢部フロンティアパーク航空写真
小矢部フロンティアパーク所在地
所在地
富山県小矢部市フロンティアパーク
(小矢部市街地から約15分)
規模
22.3ヘクタール
(分譲対象用地12.7ヘクタール)
価格
6,830~6,980円/平方メートル
リースも相談に応じます

区画情報 (145KB)

セールスポイント

富山県と小矢部市による当初3年間リース賃料全額補助制度により初期投資の軽減がはかれます。
平成20年7月5日には東海北陸自動車道(白川郷インターチェンジ~飛騨清見ジャンクション間25キロメートル)が開通し、東海圏へのアクセスが飛躍的に向上したほか、平成27年3月14日には北陸新幹線の長野・金沢間が開通し、東京圏への時間距離が大幅に短縮されました。
金沢市と隣接しており、東京・大阪・名古屋との広域連携や、北陸3県での経済活動に優位な立地環境です。

関連リンク

富山県

小矢部市

お問い合わせ

高度化事業部 企業立地支援室
Tel: 03-5470-1599
Fax: 03-3433-6526