コンテンツへ


もっと収益の得られる積極的な運用をすべきではないですか。


より収益の得られる積極的な運用を行うことについては、内外の株式への投資割合を大きくするなど、大きなリスクをとることが必要となり、金融・資本市場の変動の影響をより大きく受けることとなります。小規模企業共済資産の運用にあたっては、共済制度を安定的に運営していくうえで必要とされる収益を長期的に確保するため基本ポートフォリオを策定し、これに沿って運用しています。基本ポートフォリオでは、共済金等を将来にわたり確実に支払えるキャッシュフローを確保するため、満期保有目的の国内債券の構成割合を約70%にしています。