コンテンツへ


なぜ株式に投資するのですか。もっと安全に運用すべきではないですか。


小規模企業共済資産の運用については、基本ポートフォリオを定め、複数の資産に投資する分散投資を行い、本共済制度を安定的に運営していくうえで必要とされる収益を長期的に確保するため、2.09%の期待収益率(リターン)を目指して運用しています。このためには資産構成のひとつとして、株式に投資する必要があります。なお、平成27年度末時点では、国内株式5.3%、外国株式5.1%と運用資産の約10%を株式に投資しています。