コンテンツへ


個人事業主が配偶者または子に事業を全部譲渡した後に、自身がその事業の共同経営者となった場合、共済契約を続けることはできますか。


個人事業主から共同経営者への掛金納付月数の通算手続きにより共済契約を続けることが可能です。