コンテンツへ


病気になったので仕事を辞めたのですが、共済金を受け取れますか。


個人事業主の場合は、病気などで廃業した場合は、共済金Aを受け取れます。
共同経営者の場合は、病気のために共同経営者を退任した場合は、共済金Aを受け取れます。
法人(会社など)の役員の場合は、病気のために役員を退任した場合は、共済金Bを受け取れます。
なお、共同経営者、法人の役員ともに、病気による退任で共済金を受け取る場合は、医師の診断書(※)が必要です。

病名および共同経営者または役員として就業できないことが記載されている必要があります。なお、法人(会社など)の役員が、平成28年4月1日以降に、満65歳以上で役員を退任した場合は、医師の診断書は不要です。