コンテンツへ


共済金または解約手当金の金額が少ないのですが、なぜですか。


共済金、準共済金の場合

共済契約が短期間のうちに請求事由が発生し、受け取る共済金の額が掛金相当額のときは、退職所得にかかる所得税、地方税が差し引かれますので、差引支給額が掛金残高を下回る場合があります。

解約手当金の場合

解約事由(任意解約、共同経営者の任意退任など)により解約となった際に、掛金納付月数が240ヶ月(20年)未満の場合、解約手当金は掛金残高を下回ります。