コンテンツへ


死亡した契約者のマイナンバーも提供しなければならないのですか。


共済契約者の死亡により共済金をお支払いする場合、中小機構は税務署長に対し、その支払いに関する法定調書(退職手当金等受給者別支払調書)を提出しなければなりません。
この支払調書には、請求者のマイナンバーに加え、死亡された共済契約者のマイナンバーも記載することになっておりますので、死亡された方のマイナンバーも提供していただく必要があります。