コンテンツへ


共済契約者が亡くなり、遺族が共済金を受け取る場合、共済金は税法上どのように取り扱われますか。


共済契約者が亡くなり遺族が共済金を受け取る場合、死亡退職金としてお支払いします。死亡退職金は税法上みなし相続財産として扱われますので、相続税の申告が必要になることがあります。