コンテンツへ


老齢給付とはどのような場合に受け取れる共済金ですか。


「老齢給付」とは、掛金を15年(180ヶ月)以上(※)払い込んでいる方で、かつ年齢が満65歳以上の方であれば、事業を続けていても受け取ることができる共済金です。

掛金の払込みを止めていた(掛止め)期間を除きます。