コンテンツへ

一般貸付けを受けたい。


一般貸付けを受ける場合、以下の添付書類などを用意し、借入窓口として登録している金融機関の窓口で貸付けの手続きをしてください。借入窓口の登録手続きをしていない場合は、商工組合中央金庫(商工中金)の本店または支店で貸付けを受けることができます。
貸付け(借換えを除く)の手続きに必要な書類は以下のとおりです。

1. 中小機構の書類

  • 貸付金借入申込書(様式 小 805または806) (※1)

2. 添付書類など

  • 共済契約者本人の実印
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内の原本)
  • 貸付金額に応じた収入印紙(※2)
  • 共済契約者番号が掲載されている中小機構からの送付物(※3)

3. 提示書類

  • 本人確認書類(免許証、保険証など)
※1
申込書は借入窓口の金融機関に備えてありますので、店頭で手続きをしてください。なお、使用する書類は返済方法により異なります。一括で返済する場合は『期限一括償還用』(様式 小 805)を、分割で返済する場合は『割賦償還用』(様式 小 806)を使用します。
※2
必要な収入印紙の額は、「貸付けを受ける際、用意する収入印紙の額を教えてください。」を参照してください。
※3
『貸付限度額のお知らせ』、『借入資格取得通知書』、『ご返済期日到来の案内』または『共済手帳』など。

借入窓口が商工中金の場合は、午後2時までに窓口で手続きをすると、その日のうちに貸付けを受けることができます。そのほかの金融機関の場合は、貸付けの申込みから資金交付まで2〜3日程度の日数を要す場合がありますので、事前に登録金融機関にお問い合わせください。
手続きの詳細については、以下のページを参照してください。
契約者貸付け(一般貸付け)の請求手続きの流れ

[注意事項]
借入申込みの際に、共済契約者本人が反社会的勢力に該当しないこと、またそれに類する行為を現在かつ将来にわたり行わないことを、『貸付金借入申込書』の「反社会的勢力の排除に関する同意書」欄に署名・捺印していただくことにより、表明・確約していただきます。
なお、表明・確約いただけない場合は、貸付けをお断りさせていただきます。

[補足事項1]
担保や保証人は不要です。
[補足事項2]
契約者貸付制度を利用するには、共済に加入後、毎年4月末日または10月末日の貸付資格の判定時までに、12ヶ月以上(前納は除く)掛金を払い込んでいることおよび貸付限度額が10万円以上に達していることが必要となります。
なお、貸付資格を取得した共済契約者が実際に貸付けを受けられる利用開始時期は以下のとおりです。

貸付資格判定時期 利用開始時期
4月末日 10月1日〜
10月末日 翌年4月1日〜