コンテンツへ


貸付けを返済したら、また貸付けを受けることはできますか。


返済が終わっていれば、新たな貸付けを受けることができます。
この場合は、新規の貸付けとなるため、前回の貸付手続きと同様に、印鑑証明書、実印および貸付金額に応じた収入印紙が必要です。
なお、返済が終わっていない場合(返済が困難な場合)でも、借換えという形で新たな貸付けを受けることができます。
また、貸付限度額の範囲内で、増額借換えや減額借換えもできます。
増額借換えについては「現在貸付けを受けていますが、追加で借り入れることはできますか。」を、減額借換えについては「現在貸付けを受けていますが、一部だけを返済することはできますか。」を参照してください。