コンテンツへ


貸付制度にはどのような種類がありますか。


共済契約者が利用できる貸付制度は、以下のとおりです。

1. 一般貸付け

簡易迅速に事業資金または事業に関連する資金を貸付ける制度です。

2. 傷病災害時貸付け

疾病または負傷により一定期間入院したため、または災害救助法の適用された災害などまたは一般災害により被害を受けたため、経営の安定に支障が生じた場合に事業資金を貸付ける制度です。

3. 創業転業時・新規事業展開等貸付け

(創業転業時)
掛金納付月数通算制度の利用により、新規開業・転業後に共済契約を再び締結する意思がある方に、新規開業・転業を行う場合に必要な資金を貸付ける制度です。
(新規事業展開等)
共済契約者の事業多角化に要する資金および共済契約者の後継者が新規開業に要する資金または事業多角化に要する資金を貸付ける制度です。

4. 福祉対応貸付け

共済契約者または同居する親族の福祉向上のために必要な住宅改造資金、福祉機器購入などの資金を貸付ける制度です。

5. 緊急経営安定貸付け

経済環境の変化などに起因した一時的な業況悪化により、資金繰りに著しい支障をきたしている場合に、経営の安定を図るための事業資金を貸付ける制度です。

6. 事業承継貸付け

事業承継(事業用資産または株式等の取得)に要する資金を共済契約者に貸付ける制度です。

7. 廃業準備貸付け

廃業の準備(設備の処分費用、事業債務の清算等)に要する資金を共済契約者に貸付ける制度です。

[補足事項1]
各貸付けの概要については、「一般貸付けの概要を教えてください。」または「契約者貸付制度について」を参照してください。
[補足事項2]
東日本大震災で直接被害を受けた共済契約者に対し、「特例災害時貸付け」を実施しています。詳細は、「東日本大震災に対する小規模企業共済制度の特例措置について」を参照してください。