コンテンツへ


掛金を払い込むのが困難になってきました。どうすればよいですか。


掛金を払い込むのが困難になってきた場合、掛金月額を減額して共済契約を継続することをお勧めします。本共済制度においては、少しでも長く掛金を払い込み続ける方が、将来受け取れる共済金が多くなるためです。なお、掛金月額は500円単位で最低1,000円まで減額できます。
また、掛金の範囲内で共済契約者が利用できる「一般貸付け」制度があります。事業関連資金が必要な場合には貸付けを受けることができますので、ご利用ください。

[補足事項]
共済金を受け取れるのは個人事業主が事業を廃業した場合や法人(会社など)の役員を退任した場合、個人事業主の廃業に伴い共同経営者を退任した場合、または老齢給付の条件を満たした場合などです。老齢給付の条件を満たしておらず、仕事を続けた状態で解約すると、共済契約者の自己都合による任意解約となり、受け取れる解約手当金が払い込んだ掛金の総額を下回る場合があります。
また、満65歳未満の場合、解約手当金は税法上、一時所得として取り扱われ、確定申告が必要になります。退職所得に比べて控除額も少なくなります。