コンテンツへ

(月払い)掛金月額を増額したい。


掛金月額を増額する場合は、『掛金月額変更申込書(見本PDF:403KB)』(様式 小 102-1)に必要事項を記入し、中小機構の業務を取り扱っている委託機関に提出してください

平成28年4月1日から「現金がない場合の申込み(2 現金なし)」、 「現金がある場合の申込み(1 現金あり)」 (増額欄)の2通りの増額申込みができるようになりました。
(掛金月額は、500円刻みで最高7万円まで増額できます。)

申込書の増額申込「1 現金あり 2 現金なし」のいずれかを選択してください。
※1 「2 現金なし」:増額申込時に増額分の掛金月額分を現金なしで申込みし、その後増額申込みの翌々月に預金口座振替により口座から引き落とす方法。ただし、増額時に前納掛金の申込みはできません。
※2 「1 現金あり」:増額申込時に増額分の掛金月額分及び前納掛金を現金で納付する方法

1. 「現金がない場合の申込み(2 現金なし)」の場合

(1) 増額申込書の増額申込欄「2 現金なし」を○で囲んでください。
(2) 「1. 今回増額する掛金月額」欄に増額金額を記入してください。
(3) 「2. 増額後の掛金月額」(増額前の掛金月額+今回増額する掛金月額)を記入してください。

2. 「現金がある場合の申込み(1 現金あり)」の取扱い

(1) 増額申込書の増額申込欄「1 現金あり」を○で囲んでください。
(2) 「1. 今回増額する掛金月額」欄に増額する金額を記入してください。
(3) 「2. 増額後の掛金月額」(増額前の掛金月額+今回増額する掛金月額)を記入してください。
(4) 「3. 増額時の前納掛金」(増額時に前納する方のみ) を記入してください。
(5) 「4. 今回払込額合計」(1+3)の合計額を記入してください。
(6) 「4. 今回払込額合計」の現金を委託機関で納付してください。

手続きの詳細については、以下のページを参照してください。
掛金月額の増額手続きの流れ

なお、申込書は以下の方法で受け取れます。

『共済契約締結証書』と同じ冊子に含まれています。

[注意事項]
申込書は委託機関をとおして提出し、直接中小機構へ送付しないでください。

Get Adobe ReaderPDFを初めてご利用される方はAdobe Readerの最新バージョンを
ダウンロードして下さい (新規ウィンドウで表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。