コンテンツへ


加入したいのですが、年内に加入するにはいつまでに手続きをすればよいですか。


中小機構の業務を取り扱っている委託機関のその年の12月の最終営業日までに加入申込方法「19. 現金あり」で手続きをすれば、年内の加入および確定申告での所得控除の対象となります。加入には中小機構による所定の審査があります。
その際、加入申込月の掛金に加え、12ヶ月分の掛金を前払いした場合は、払い込んだ合計13ヶ月分の掛金全額がその年の所得控除の対象となります。
なお、13ヶ月以上の掛金を前払いした場合、前払いした掛金は、その年の掛金に充当される分だけが所得控除の対象になります。

また、加入申込方法「14 現金なし」で手続きすると、翌々月(翌年の2月18日)に3ヶ月分(申込月分、翌月分、請求月分)の掛金が預金口座から引落しされます。
この場合、掛金の払込みが翌年の2月となりますので、加入申込年の所得控除の対象になりません。
※預金口座から引落しされた年の所得控除となりますのでご注意ください。