コンテンツへ

「同一人通算・承継通算の手続き」はどのように変わりますか。


平成24年9月までと反社会的勢力排除の取組みが始まった10月以降で、事務の手順については変更ありません。

同一人通算の手続き

同一人通算申出者が『納付月数通算申出書兼契約申込書(同一人通算用)』(様式 小 141)巻頭に記載している「掛金納付月数の同一人通算手続きに関わるご説明」欄、「本人控え」の裏面に記載している「小規模企業共済契約約款」、「反社会的勢力対応規程独立行政法人中小企業基盤整備機構反社会的勢力対応規定(抜粋)」、「反社会的勢力対応要領小規模企業共済制度反社会的勢力対応要領(抜粋)」欄を確認し、内容について同意のうえ、A欄「加入資格および制度説明の確認」の自署欄へ署名・捺印を行ったことを確認してください。

承継通算の手続き

承継通算申出者が『納付月数通算申出書兼契約申込書(承継通算用)』(様式 小 144)巻頭に記載する「掛金納付月数の承継通算手続きに関わるご説明」欄、「本人控え」の裏面に記載する「小規模企業共済契約約款」、「反社会的勢力対応規程独立行政法人中小企業基盤整備機構反社会的勢力対応規定(抜粋)」、「反社会的勢力対応要領小規模企業共済制度反社会的勢力対応要領(抜粋)」欄を確認し、内容について同意のうえ、A欄「加入資格および制度説明の確認」の自署欄へ署名・捺印を行ったことを確認してください。

事務について、詳しくは別途お送りしている「事務取扱要領 追補版」にてご確認ください。