コンテンツへ

反社会的勢力排除の取組みとは何ですか。


独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)は、政府が定めた「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」(犯罪対策閣僚会議幹事会)に基づき、反社会的勢力との関係遮断・関係解消のための取組みを積極的に推進しています。

この取組みの一環として「小規模企業共済」では、平成24年10月から「反社会的勢力の排除条項の導入」を設けています。

具体的な事務手続きとしては「加入申込」、「貸付金借入申込書」、「掛金納付月数の通算申出」のお手続きの際に、ご契約者本人等が暴力団等の反社会的勢力に該当しないこと、また、それに類する行為を現在かつ将来にわたり行わないことを表明・確約していただきます。
なお、確約・表明がない場合には、加入・通算および契約者貸付等をお断りいたします。

中小機構は、今後も反社会的勢力との一切の関係遮断に努めて参りますので、何とぞご協力をお願いいたします。

【参考】企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針
首相官邸ホームページ:犯罪対策閣僚会議(新規ウィンドウで表示)
※「平成21年9月16日以前の決定等」の先の、平成19年6月19日をご覧ください。