コンテンツへ


東日本大震災に対する小規模企業共済制度の特例措置の延長について

平成23年8月8日
(平成24年4月2日 最終更新)
独立行政法人 中小企業基盤整備機構

このたびの東日本大震災により被災された皆様に心からお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

小規模企業共済制度では、この震災に対して特例措置を講じているところですが、そのうち「掛金納付期限の延長」の期間を再延長いたします。

掛金の納付期限の再延長

取扱期間は終了いたしました。

平成23年9月分までの掛金の納付期限を延長した方について、お申出に応じて以下のとおり対応いたします。

平成23年9月分までの掛金の納付期限をさらに6ヶ月延長し、平成23年10月分から平成24年3月分までの掛金の納付期限も延長します。
これにより、掛金請求の再開時期を平成24年4月とします
注意事項1
掛金の納付期限を延長しているご契約者さま(口座払いの方)には、中小機構から再延長のご案内および申出書をお送りします。再延長を希望する場合は当該申出書でお申し出ください。お申出がない場合は、平成23年10月から掛金請求を再開します。
注意事項2
延長期間が終了した翌月からは、毎月2ヶ月分ずつ掛金を納めていただきます
注意事項3
震災以後も掛金を納付されている(平成23年9月分までの掛金について納付の継続を選択された)ご契約者さまが、10月分以降の掛金の納付期限の延長を希望される場合は、特別相談窓口(※終了しました)までお問い合わせください。
注意事項4
名簿方式により掛金を納付しているご契約者さまは、掛金を納付している委託団体の窓口にお申し出ください。

特例災害時貸付けおよび契約者貸付け等に係る特例措置も実施しています。詳しくは、以下を参照してください。