コンテンツへ

4 加入申込時に申込金(現金)が不要になりました

小規模企業共済制度への加入手続きは、「契約申込書」に必要事項を記入のうえ、中小機構の業務を取り扱っている委託機関(中小機構の代理店となっている金融機関や商工会等)の窓口でお申込みいただきます。

これまでは、加入申込時に、掛金(申込金)を現金にて納付していただく必要がありました。

今回の制度改正により、平成28年4月1日以降は、従来からの、「掛金を現金で納付する方法」に加えて、「加入申込時には現金納付せず、加入月の翌々月に掛金口座振替で納付する方法」を選べるようになります。

 

1 制度改正により、加入申込金(現金)が不要となる対象の人は?

 


平成28年4月1日以降に、小規模企業共済の加入申込みをするすべての方

 

平成28年4月1日以降に新規加入申込みされる場合には、申込金(現金)を添えずにお手続きいただけます。

補足事項
・従来どおり、 「加入申込時に、掛金を現金で納付する方法」でもお申込みいただけます。

 

2 加入申込後の掛金請求スケジュールはどうなるの?

加入申込後の掛金納付は、「毎月払い」、「半年払い」、「年払い」のいずれかを選択できます。

 a. 掛金の「毎月払い」を選択する場合

「毎月払い」:
・毎月18日(土日祝日の場合は翌営業日)に掛金を口座振替で納付する方法です。
・加入申込手続き後の掛金の口座振替は、加入申込み月の翌々月です。

加入申込月分の掛金は、申込時に現金で納付する方法と、加入月の翌々月から開始する掛金預金口座振替時に併せて引き落としをする方法とがあります。

[加入][毎月払い] 加入後の掛金請求イメージ一覧

 b. 掛金の「半年払い」、「年払い」を選択する場合

「半年払い」:
・半年に一度、半年分(6ヶ月分)の掛金をまとめて納付する方法です。

「年払い」:
・1年に一度、1年分(12ヶ月分)の掛金をまとめて納付する方法です。

加入申込時に、12ヶ月分(6ヶ月分)の掛金を現金で納付する方法と、加入月の翌々月に12ヶ月分(6ヶ月分)の掛金を口座振替で納付する方法とがあります。

[加入][年払い] 加入後の掛金請求イメージ一覧