コンテンツへ


8 掛金の滞納による共済契約の解除の取扱いが緩和されました

小規模共済制度では、共済契約者が12か月分以上の掛金を滞納した場合、共済契約が解除されることとなっています。

今回の制度改正により、平成28年4月1日以降は、災害などやむを得ない理由により生じた掛金の滞納については、共済契約を継続できることとなります。