契約者死亡による第2~第7順位者からの請求 「契約者死亡による配偶者以外の方(生計を維持していた方)からの請求」となります。 注意事項 ・「生計を維持していた」とは、ご契約者さまの収入で生活費・療養費等の大部分が援助され、確定申告において扶養親族として申告している場合をいいます。 ・掛金払い込み月数が6ヶ月以上の場合に支払いの対象となります。 ※亡くなった個人事業主の事業の全部(共同経営者の場合はその地位)を子が相続した場合は、共済金を請求せずに、一定の要件により契約を継続(掛金納付月数の通算)することもできます。 手続きの流れ(新規ウィンドウで表示) ナビトップに戻る 前画面に戻る