コンテンツへ


手続きの流れ

屋号または法人(会社など)の名称の変更手続きの流れ

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.中小機構へ送付 4.中小機構からの書類送付 中小機構お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

屋号または法人(会社など)の事業所名称(商号)の変更を申し出る場合、以下の書類が必要になります。

1. 中小機構の書類

  • 届出事項変更申出書(様式 小 107-1)

2. 添付書類

  • 商業登記簿謄(抄)本または履歴事項全部(一部)証明書(※)
発行後3ヶ月以内の原本で、必ず名称変更の経緯が分かるものが必要です。なお、屋号を変更する場合や、フリガナ、誤記入の訂正の場合は、添付書類は必要ありません。

なお、申出書は以下の方法で受け取れます。

『共済契約締結証書』と同じ冊子に含まれています。

このページのトップへ

書類へ記入

お客さま

申出書の必要事項を記入してください。

このページのトップへ

中小機構へ送付

お客さま

直接中小機構へ送付してください。書類の送付先は以下のとおりです。

〒105-8453 東京都港区虎ノ門3-5-1 虎ノ門37森ビル
中小企業基盤整備機構 小規模共済契約課

このページのトップへ

中小機構からの書類送付

中小機構

手続き完了後、中小機構から『届出事項変更手続き完了のお知らせ』を送付します。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

このページのトップへ

関連する「よくあるご質問」