コンテンツへ

手続きの流れ

掛金月額の増額手続きの流れ

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.委託機関窓口に提出 4.中小機構へ送付 5.中小機構からの書類送付 中小機構金融機関お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

掛金月額を増額する場合、以下の書類などが必要になります。

1. 中小機構の書類

  • 掛金月額変更申込書(様式 小 102-1)

2. 現金 (「現金あり」で申込みする場合のみ)

  • 現金(申込月の増額分)
  • 前納分の掛金(前納する場合のみ)

なお、申込書は以下の方法で受け取れます。

『共済契約締結証書』と同じ冊子に含まれています。

このページのトップへ

書類へ記入

お客さま

申込書の必要事項を記入してください。

このページのトップへ

委託機関窓口に提出

お客さま

「現金あり」で申込みする場合、申込書に申込月の増額分の現金を添えて、中小機構の業務を取り扱っている委託機関の窓口に申し込んでください。

「現金なし」で申込みする場合、申込書を、中小機構の業務を取り扱っている委託機関の窓口に提出してください。

注意事項
書類と現金は直接中小機構に送付しないでください。

このページのトップへ

中小機構へ送付

金融機関

書類と現金は確認後に、金融機関が中小機構へ送付します。

このページのトップへ

中小機構の手続き期間

中小機構

約35〜50日間

補足事項
書類に不備がある場合はお時間いただくことがあります。また、申込内容の確認のために連絡をすることがあります。

このページのトップへ

中小機構からの書類送付

中小機構

手続き完了後、中小機構から『月額変更〔増額〕手続き完了のお知らせ』を送付します。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

  • 掛金は申込月からの変更となりますが、増額金額の請求は翌々月からとなります。
  • 「現金あり」で申込みする場合、申込みの際に添付する増額分は申込月分として払い込まれ、翌月分は、翌々月分の請求の際に翌々月分とあわせて引き落とされます。
  • 「現金なし」で申込みする場合、申込月分と翌月分の増額分は、翌々月分の請求の際に翌々月分とあわせて引き落とされます。

このページのトップへ