コンテンツへ


手続きの流れ

口座変更の手続きの流れ(別の金融機関の口座に変更する場合)

1.必要書類を入手 2.書類へ記入 3.金融機関の窓口に提出 4.中小機構へ送付 5.中小機構からの書類送付 中小機構金融機関お客さまお客さまお客さま

必要書類を入手

お客さま

掛金の引き落とし口座を、別の金融機関に変更する場合、以下の書類が必要になります。

中小機構の書類

  • 預金口座振替申出書(変更用) (様式 小 203)
  • 預金口座振替解約申出書兼委託団体払解約申出書(様式 小 202・321)

なお、申出書は以下の方法で受け取れます。

このページのトップへ

書類へ記入

このページのトップへ

金融機関の窓口に提出

お客さま

  1. 変更前の金融機関の窓口に『預金口座振替解約申出書兼委託団体払解約申出書』を提出し、確認印を押してもらってください。
  2. 変更後の金融機関の窓口に『預金口座振替申出書(変更用)』を提出し、確認印を押してもらってください。

このページのトップへ

中小機構へ送付

金融機関

『預金口座振替申出書(変更用)』は変更を希望する金融機関が、『預金口座振替解約申出書兼委託団体払解約申出書』は変更前の金融機関が、それぞれ中小機構へ送付します。

このページのトップへ

中小機構の手続き期間

中小機構

毎月20日(12月は15日。また、その日が土曜・日曜・祝日の場合は直前の営業日)までに中小機構に書類が届けば、翌月から、変更後の指定預金口座から引き落としをします。

補足事項
申出内容の確認のために連絡をすることがあります。

このページのトップへ

中小機構からの書類送付

中小機構

手続き完了後、中小機構から『預金口座振替申出書(変更)に係る手続き完了のお知らせ』を送付します。

このページのトップへ

特記事項(必ずご確認ください)

  • 掛金の引き落とし口座は共済契約者本人の個人名義の口座を指定してください。法人名義、他人名義の口座は指定できません。
  • 住所や事業所名称などの契約内容に変更のある場合は、『届出事項変更申出書』(様式 小 107-1)が必要です。詳しくは「手続き一覧」を参照してください。
  • 金融機関・店舗の閉鎖や統合、オンラインシステム変更など、金融機関の都合によって掛金の引き落とし口座の変更が必要な場合は、金融機関で一括して手続きを行うため、手続きは不要です。

このページのトップへ