トップページ > 中小機構四国について > 業務連携 > 幡多信用金庫との業務連携について

幡多信用金庫との業務連携について

  • 中小機構四国本部と幡多信用金庫との業務連携・協力に関する覚書の締結について

     

     

     平成27年3月17日
    独立行政法人中小企業基盤整備機構
    四国本部

      

     中小機構四国本部と幡多信用金庫とは、平成27年3月17日付けで、高知県の西南地域(四万十市、宿毛市、土佐清水市、黒潮町、大月町及び三原村の6市町村をいう。以下「幡多地域」という。)中小企業・小規模事業者等の新事業展開の促進、経営基盤の強化、その他の分野において業務連携・協力を行うことにより、中小企業・小規模事業者等への経営支援を促進し、もって地域経済の活性化を図ることを目的として、業務連携・協力に関する覚書を締結しました。

     今後は、中小機構四国本部と幡多信用金庫は、業務連携・協力に係る具体的方策として小規模企業共済等の一層の普及促進、幡多信金職員向けの講習会等の実施、地域貢献の観点で新事業展開や新商品開発などに積極的に取り組んでいる中小企業・小規模事業者等「地域貢献型企業」の連携支援などを実施していくこととしています。

  • 調印式の様子

    覚書の調印の様子

本件に関するお問い合せ

中小機構四国本部

企画調整課(担当:鈴木、醍醐)

電話:087-811-3330 FAX:087-811-1753