トップページ > 中小機構四国について > 四国でいちばん大切にしたい会社大賞について > 平成26年度「いい会社づくり勉強会」IN四国 開催実績

平成26年度「いい会社づくり勉強会」IN四国 開催実績

  • 平成26年度は、7月2日(水曜)に愛媛県今治市の日本食研HDの訪問勉強会を開催しました!

     

     『先進企業から学ぶ企業経営

    ─エンジョイビジネス!社員一人ひとりが自立し、仕事を心から楽しめる会社に

    日本食研ホールディングス(株)(愛媛県今治市)から学ぶ─ 』

     

    〇事例企業のご紹介 (PDF)

  • 【事例企業】 日本食研ホールディングス株式会社(愛媛県今治市富田新港1−3) 

    創業:1971年
    事業内容:ブレンド調味料及び加工調理食品の販売、研究開発
    資本金:25.6億円、売上高:845億円
    従業者数:3,771人(男2,988名/女783名)
     

    〔注目ポイント〕
     第2回四国で一番大切にしたい会社大賞四国経済産業局長賞受賞

     

  • 視察の様子
    視察の様子

    代表者の講話の様子(1)
    代表者の講話の様子(1)

    代表者の講話の様子(2)
    代表者の講話の様子(2)

  • 勉強会の様子(1)
    勉強会の様子(1)

    勉強会の様子(2)
    勉強会の様子(2)

    意見交換の様子(1)
    意見交換の様子(1)

  • 意見交換の様子(2)
    意見交換の様子(2)

  • 参加者の声を集めました!

     

    1.施設等の視察の内容について

    (製紙・製造業)
    食品会社という事もあり、すごく清潔にきれいにされている。工場をオープンにして、見てもらえるように、楽しんでもらえるようにしていてよい。見る者が楽しめる。

    (電気・板金工事業)
    工場・施設の案内ルートがはっきりしており、案内される方も見るべきポイントが判りやすかった。

     

    2.代表者の講話について

    (食品卸売・食品製造販売)
    実例を挙げ、非常に分かりやすく聞けました。日本食研さんの内部のことをつつみかくさず話され、その中で色々なヒントが頂けました。

    (機器部品製造販売)
    Enjoy Businessを指針として、従業員各々が自立する姿とその背景が心に伝わってきました。

    (機器部品製造販売)
    過去の話についても、正直に話していただいた上で、何故変えようと思ったのか話して頂いたので、非常に説得力がありました。商品と人を増やせば企業は成長する、という考え方が新鮮でした。

    (衣類製品の製造販売)
    経営で大事にしている事、自らの想いを聞く事が出来た。進行方法も参加型なので、理解が深まった。

    (建築・インフラ整備機械メーカー)
    ご自身の貴重な経験から、いい会社への転換ドラマに説得力大!

    (包装資材の製造販売)
    過去の内容から、今、変わってきている内容について、実際の本音を聞かせていただけたため、大変参考になりました。

    (高機能フィルム製造)
    自社の恥部もさらしながら話す内容は非常に説得力があった。話す内容がストレートでわかりやすかった。

     

    3.社員さんとの意見交換について

    (自動車用部品販売)
    母親になっても生き生きして働き続けたい思い、自分がやりたい仕事を後押ししてくれる環境が会社にあると言われた事で、「エンジョイビジネス」が実践されている事をよく理解出来ました。

    (製紙製造業)
    部長が社長の考え方を社員に広める事をものすごく大切にしている姿に感心しました。

    (衣類製品の製造販売)
    採用活動、人事評価の話が参考になりました。

    (インフラ・電気事業関連)
    大沢社長のコメントは解り易く納得できた。変革志向が強く、素直な人情は未来に希望の灯をともす感がした。

    (建設・インフラ整備機械メーカー)
    女性リーダーの方の意見を会社が聞き入れて改善している点は、家族的経営のメリットを感じる。

    (食品加工メーカー)
    社風がそのまま出ていたと思う。社員さんが、自分の意見を自信をもって語られているところ。

    (包装資材の製造販売)
    現場の声、また経営者と社員さんのやり取りを見ることで、組織風土を感じることができました。

    (食品加工メーカー)
    女性社員の自らの育児休業等への関わりと、制度を変えていく取り組みへの積極性がすばらしい。またそれができる風土があることにも。

    (電気・板金工事業)
    社員が会社(社長)の想いを理解し、その意図を自己責任で追及し、改善しようという考えが根付いている。参考にしたい。

PDFを初めてご利用される方は、Adobe Readerの最新バージョンをダウンロードして下さい(新規ウィンドウ表示)。
※Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。

お問い合わせ先

四国本部 企画調整課

電話:087−811−3330  FAX:087−811−1753