中小機構

日本を支える中小企業

日本を支える中小企業3,852,934社。これが我々中小企業のお客様です。

中小企業は、日本の全企業数のうち99.7%を占め、私たちの生活に密着した財やサービスの提供を行っています。また、中小企業の中には、世界市場の獲得につながる先端技術の活用や、地域で育まれた伝統と特性を有する多様な地域資源を活用する担い手となっている企業が多く存在します。
また、中小企業全体で32,146,784人の方が雇用されており、これは、日本の従業員の約7割が中小企業で雇用されている計算になります。

地域を、日本を、より元気にする原動力

このように中小企業は事業活動を通して、日本の雇用の大部分を支える一方で我々にとって欠かせない財やサービスの提供を行っています。また、こうした中小企業者の積極果敢な挑戦が、産業構造に絶え間ない新陳代謝をもたらして経済成長を牽引し、多様な経済社会の創造に寄与しています。
地域を、日本を、より元気にする。その原動力となるのは、全企業者の99.7%を占め、我が国経済を支える中小企業の皆様に他なりません。中小機構は、日本経済を確実な成長軌道に乗せるため、全力で約385万社の中小企業を支援していきます。

中小企業が、日々革新に挑むことで新たな伝統を生み出しています。

中小企業が地域の生活に欠かせない財・サービスを供給しています。
(被災地での仮設商店街)

数字は平成24年経済センサスより